小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

臨時コーチ務めた札幌第一に「小倉メモ」をスルーされた

公開日: 更新日:

 臨時コーチを務めた札幌第一(北海道)が22日のセンバツ初戦で木更津総合(千葉)に2-5で敗れた。相手は昨秋の関東王者とはいえ、勝てる試合だった。スタンドから試合を見ていて残念なことが多かった。

 11日に対戦が決まると、木更津総合を丸裸にするため、15日に大阪で行われた太成学院大高との練習試合を偵察。ここでは打者のデータを取った。

 今大会屈指の好左腕・早川は投げなかったが、17日の関西学院戦で登板した。9時試合開始と聞いていたのに、何の前触れもなく8時半に始まった。15日の試合で私は木更津総合の関係者に姿を見られていた。早めに試合を開始し、早川を4、5回で降板させる。札幌第一陣営にエースを見せたくないという思惑だったのだろう。

 しかし、私は開始1時間前の8時にはグラウンドにいた。センバツ前の情報戦ではよくあることで、何とか早川の投球を見ることができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る