関東勢“センバツ完敗”にプロスカウトなぜ悲観せず冷静?

公開日: 更新日:

 関東勢がここまで不甲斐ない大会も珍しいのではないか。

 出場6校中、5校が初戦敗退。唯一、勝ち残った木更津総合(千葉)もベスト8止まり。公式ガイドブックのサンデー毎日別冊が優勝候補に挙げた常総学院(茨城)、投手力に90点を付けた桐生第一(群馬)、花咲徳栄(埼玉)も初戦で姿を消した。

「常総、桐生、花咲の3校のエースは、いずれもプロが評価した左腕。甲子園でもそれなりの投球をすると思ったのですが……。3人に共通して言えるのは、秋の時点より球威が落ちたこと。テークバックを小さくして制球力を上げようとした結果、こぢんまりとまとまって、球の出どころも見やすくなった。打たれて当然ですよ」(プロ球団スカウト)

 しかし、だからといって見切りをつけるわけではないという。

「これから夏に向けた3~4カ月は、高校生がグンと伸びる時期。欠点を補って、なおかつ去年の秋よりはるかに成長するケースも多い。3人とも力はあるだけに、夏までは追い掛けますよ。センバツで見限る球団が増えれば、むしろ儲けものかもしれません」(同)

 関東勢が夏も総崩れとみるのは早計のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る