関東勢“センバツ完敗”にプロスカウトなぜ悲観せず冷静?

公開日:  更新日:

 関東勢がここまで不甲斐ない大会も珍しいのではないか。

 出場6校中、5校が初戦敗退。唯一、勝ち残った木更津総合(千葉)もベスト8止まり。公式ガイドブックのサンデー毎日別冊が優勝候補に挙げた常総学院(茨城)、投手力に90点を付けた桐生第一(群馬)、花咲徳栄(埼玉)も初戦で姿を消した。

「常総、桐生、花咲の3校のエースは、いずれもプロが評価した左腕。甲子園でもそれなりの投球をすると思ったのですが……。3人に共通して言えるのは、秋の時点より球威が落ちたこと。テークバックを小さくして制球力を上げようとした結果、こぢんまりとまとまって、球の出どころも見やすくなった。打たれて当然ですよ」(プロ球団スカウト)

 しかし、だからといって見切りをつけるわけではないという。

「これから夏に向けた3~4カ月は、高校生がグンと伸びる時期。欠点を補って、なおかつ去年の秋よりはるかに成長するケースも多い。3人とも力はあるだけに、夏までは追い掛けますよ。センバツで見限る球団が増えれば、むしろ儲けものかもしれません」(同)

 関東勢が夏も総崩れとみるのは早計のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る