関東勢“センバツ完敗”にプロスカウトなぜ悲観せず冷静?

公開日: 更新日:

 関東勢がここまで不甲斐ない大会も珍しいのではないか。

 出場6校中、5校が初戦敗退。唯一、勝ち残った木更津総合(千葉)もベスト8止まり。公式ガイドブックのサンデー毎日別冊が優勝候補に挙げた常総学院(茨城)、投手力に90点を付けた桐生第一(群馬)、花咲徳栄(埼玉)も初戦で姿を消した。

「常総、桐生、花咲の3校のエースは、いずれもプロが評価した左腕。甲子園でもそれなりの投球をすると思ったのですが……。3人に共通して言えるのは、秋の時点より球威が落ちたこと。テークバックを小さくして制球力を上げようとした結果、こぢんまりとまとまって、球の出どころも見やすくなった。打たれて当然ですよ」(プロ球団スカウト)

 しかし、だからといって見切りをつけるわけではないという。

「これから夏に向けた3~4カ月は、高校生がグンと伸びる時期。欠点を補って、なおかつ去年の秋よりはるかに成長するケースも多い。3人とも力はあるだけに、夏までは追い掛けますよ。センバツで見限る球団が増えれば、むしろ儲けものかもしれません」(同)

 関東勢が夏も総崩れとみるのは早計のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る