早実2年ぶり西東京ノーシード 清宮2度目の甲子園厳しく

公開日:  更新日:

 清宮幸太郎(2年)の早実(西東京)が都立校に逆転負けを食らった。

 6日、春季東京大会2回戦で昭和と対戦。「4番・中堅」でスタメン出場した清宮は2安打1打点も、チームは八回に満塁本塁打を浴びて2-6で敗れた。この春、練習試合を含めた全試合で放っていた清宮の連続本塁打もストップした。

 昨秋に続き、都大会2回戦敗退。清宮は「2回戦の壁を乗り越えようと話していたけど、相手の投手にまんまとはめられた。力不足。まだまだ4番の姿じゃない」と目には涙を浮かべた。夏の西東京大会は2年ぶりのノーシードが決まった。

 前途多難である。東京の強豪校の監督はよくこんなことを言うからだ。

「東京の夏はシードとノーシードでは雲泥の差がある」

 他県とは違い、東京のシード校は3回戦から登場する。他県はシードでも2回戦からがほとんど。2試合も免除になる東京では、勝ち上がった時、投手の消耗度に差が出るのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る