早実2年ぶり西東京ノーシード 清宮2度目の甲子園厳しく

公開日:  更新日:

 清宮幸太郎(2年)の早実(西東京)が都立校に逆転負けを食らった。

 6日、春季東京大会2回戦で昭和と対戦。「4番・中堅」でスタメン出場した清宮は2安打1打点も、チームは八回に満塁本塁打を浴びて2-6で敗れた。この春、練習試合を含めた全試合で放っていた清宮の連続本塁打もストップした。

 昨秋に続き、都大会2回戦敗退。清宮は「2回戦の壁を乗り越えようと話していたけど、相手の投手にまんまとはめられた。力不足。まだまだ4番の姿じゃない」と目には涙を浮かべた。夏の西東京大会は2年ぶりのノーシードが決まった。

 前途多難である。東京の強豪校の監督はよくこんなことを言うからだ。

「東京の夏はシードとノーシードでは雲泥の差がある」

 他県とは違い、東京のシード校は3回戦から登場する。他県はシードでも2回戦からがほとんど。2試合も免除になる東京では、勝ち上がった時、投手の消耗度に差が出るのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る