マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

手首のコックをほどかない方がシャフトのしなりが強く発生する

公開日:  更新日:

 先週のWGC-マッチプレー選手権を制したジェイソン・デイは、ベスト16で敗れたジョーダン・スピースを抜き去り世界ランク1位に返り咲いた。これでデイはツアー2週連続優勝。今年のマスターズでも優勝争いを演じるのは間違いないだろう。

 本題に入ろう。

 デイのスイングはオーソドックスでアマチュアのお手本になるが、ぜひとも真似てもらいたいポイントはインパクトの迎え方だ。

 デイに限らず世界の一流プロは、アイアンはもちろんのこと、ドライバーを手にした時もハンドファースト気味の状態でインパクトを迎えている。

 ハンドファーストとは、インパクト時に手元がほんの少し前(飛球線方向)に出た状態のことだ。

 そして、ハンドファーストの状態でインパクトを迎えた時、右手首はわずかに甲側に折れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る