マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右手を支点にして左手を下げると手首のコックがスムーズに完了する

公開日: 更新日:

 先週の国内女子ツアー「PRGRレディスカップ」は、プレーオフの末にイ・ボミが勝利を手にした。

 昨年の賞金女王は今年も幸先いいスタートとなったが、彼女の持ち味はショットの安定感。ドライバーでもアイアンでもクラブを振り上げ過ぎず、トップはコンパクト。プレッシャーがかかった場面でも球筋をコントロールしやすいスイングをしている。

 このイ・ボミのスイング。トップはコンパクトだが肩はしっかり回り、体幹をしっかり使っているのが分かる。

 では、どこをどう意識すれば、ボミのようなコンパクトなトップをつくれるようになるのか?

 ポイントは左右の腕の使い方と体を動かす順番にある。トップを小さくしようと心がけるのではなく、テークバックの初期に左右の腕の長さを入れ替え、ヘッドを素早く上げる。ヘッドを上げてから肩を回すと、トップの位置はコンパクトになるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る