• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右手を支点にして左手を下げると手首のコックがスムーズに完了する

 先週の国内女子ツアー「PRGRレディスカップ」は、プレーオフの末にイ・ボミが勝利を手にした。

 昨年の賞金女王は今年も幸先いいスタートとなったが、彼女の持ち味はショットの安定感。ドライバーでもアイアンでもクラブを振り上げ過ぎず、トップはコンパクト。プレッシャーがかかった場面でも球筋をコントロールしやすいスイングをしている。

 このイ・ボミのスイング。トップはコンパクトだが肩はしっかり回り、体幹をしっかり使っているのが分かる。

 では、どこをどう意識すれば、ボミのようなコンパクトなトップをつくれるようになるのか?

 ポイントは左右の腕の使い方と体を動かす順番にある。トップを小さくしようと心がけるのではなく、テークバックの初期に左右の腕の長さを入れ替え、ヘッドを素早く上げる。ヘッドを上げてから肩を回すと、トップの位置はコンパクトになるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る