日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

「寸止めドリル」でヘッドスピードはアップする

 プロとアマチュアのスイングを比較すると、いくつも違いがあるが、そのひとつがヘッドスピードです。

 例えばドライバーの場合、男性アマチュアは40メートル前後が平均だが、ツアープロになれば50メートルぐらいが平均値になる。おおよそ10メートルほど違いがあり、飛距離に換算すると60ヤードほど違ってくる。

 さて、このヘッドスピードの違い。

 パワーが違うこともさることながら、シャフトの使い方も大きく違っている。

 アマチュアの多くはシャフトのしなりをうまく使っていないのに対し、プロは例外なくうまく使い、それによってインパクトゾーンでヘッドスピードを効率良く上げているのだ。

 では、どうすればプロのように、シャフトのしなりを効率良く利用できるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事