マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

両手を極点に離してグリップするとスイング中の手と腕の使い方がわかる

公開日: 更新日:

 パットを打つことと、ドライバーショットを打つことでは、どちらの方が難しいのか? こう聞かれれば、ほとんどのゴルファーは「パットの方が簡単、ドライバーの方が難しい」と答えるだろう。

 では、なぜパットがやさしくて、ドライバーショットは難しいのか? パットはボールを飛ばさなくていいからやさしいとか、振り幅が小さいからだと思っている人が少なくない。

 確かにそういう違いもあるが、実はパットとドライバーショット(以下ショット)とでは、「根本的に手と腕の動かし方」が違う。

 多くのアマチュアは、ショットはパットの延長だと思っているが、実はそうではない。パットは両手を同じ方向に動かすだけでいい。対してショットは、それではスイングが成立しないのだ。

 例えば、テークバック。テークバックで両手両腕が同じ方向に動くと、途中で突っかかる。突っかかるのを嫌がると、テークバック後半で左右のひじがグニャリと曲がり、クラブを担ぎ上げることになる。初心者がドライバーを手にすると、トップで左ひじが曲がるのはこのためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る