賞金女王狙い虎視眈々と計算 テレサ・ルーの逆襲が始まる

公開日:  更新日:

【ヤマハレディース】

 2日目が終わって、テレサ・ルー(28)が通算4アンダーでトップタイに躍り出た。

「調子は悪くないので、このままいけばチャンスだと思います」(テレサ)

 今季開幕戦で大会初の連覇を達成し、現在賞金ランク首位。周囲に「シーズン序盤に稼げるだけ稼いでおきたい」と漏らしており、今季2勝目に燃えている。

 テレサは現在、米国で開催中のメジャー「ANAインスピレーション」の出場資格を持っていたが、出場を見送って国内大会を選んだ。すべては稼げる時に稼いで賞金女王レースを優位に運びたい、という思惑があるからだろう。

「8月のリオ五輪に台湾代表として出場がほぼ決まっているテレサは、7月から海外転戦が続きます。7月7日開幕の全米女子オープンを皮切りに、米国で行われる国別対抗戦(7月21日開幕)、全英女子オープン(7月28日開幕)とハードな日程になるので、そこからリオへ乗り込む予定でしょう。つまり、2カ月間近く日本ツアーを留守にしなければならない。昨年、賞金女王争いを演じたライバルのイ・ボミ(27)は今、国内ツアーを欠場している。だから今が“稼ぎ時”ということです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る