賞金女王狙い虎視眈々と計算 テレサ・ルーの逆襲が始まる

公開日:  更新日:

【ヤマハレディース】

 2日目が終わって、テレサ・ルー(28)が通算4アンダーでトップタイに躍り出た。

「調子は悪くないので、このままいけばチャンスだと思います」(テレサ)

 今季開幕戦で大会初の連覇を達成し、現在賞金ランク首位。周囲に「シーズン序盤に稼げるだけ稼いでおきたい」と漏らしており、今季2勝目に燃えている。

 テレサは現在、米国で開催中のメジャー「ANAインスピレーション」の出場資格を持っていたが、出場を見送って国内大会を選んだ。すべては稼げる時に稼いで賞金女王レースを優位に運びたい、という思惑があるからだろう。

「8月のリオ五輪に台湾代表として出場がほぼ決まっているテレサは、7月から海外転戦が続きます。7月7日開幕の全米女子オープンを皮切りに、米国で行われる国別対抗戦(7月21日開幕)、全英女子オープン(7月28日開幕)とハードな日程になるので、そこからリオへ乗り込む予定でしょう。つまり、2カ月間近く日本ツアーを留守にしなければならない。昨年、賞金女王争いを演じたライバルのイ・ボミ(27)は今、国内ツアーを欠場している。だから今が“稼ぎ時”ということです」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る