首位の馬場ゆかりも“綱渡り” シード落ち選手の過酷な現実

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 2005年から11年間保持してきたシード権を昨季、失った馬場ゆかり(33)が初日、3アンダーで首位タイに立った。

「(去年と比べて)すべて割り切ったゴルフです。もう思い切ってやるしかない。出る試合で結果を出していくしかない」(馬場)

 馬場はプロ3年目の2004年にプロ初勝利を飾り、初賞金シード権を獲得。11年には日本女子オープンを制覇し、ツアー通算3勝を挙げている。10年には賞金ランク4位、世界ランク24位まで順位を上げ、生涯獲得賞金は5億円を超えるベテランだ。

 149センチとツアーで最も小さいが、プロ野球選手とオフトレに取り組んだり、筋トレで体を鍛えてパワフルなプレースタイルだ。

 昨季は右手首の故障もあり、31試合に出場して10試合で予選落ち。賞金ランク53位に終わり、シード落ち。最終QTでも51位と振るわず、出場試合が限られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  10. 10

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る