ウエアで変身も解消できない池田勇太の「クラブ問題」

公開日: 更新日:

 衣装が違えば、イメージもガラッと変わり、「別人」になるのかどうか。

 3タックのダボダボのパンツと角刈りがトレードマークだった池田勇太(30)が30日、アパレルメーカーのマスターバニーエディションとのスポンサー契約を発表。細身のウエアに身を包み、髪の毛を伸ばして登場した。

 トーナメント会場では成績が悪いとブスッとしてメディアの質問を無視することもあるのに、この日は違った。「30歳になったので、新しいことに取り組もうと思った。これもひとつの転機。足元から頭までこのウエアが似合うオトコになりたい。開幕戦から今までと違う、強い池田勇太を見せたい」と終始笑顔を振りまき、いつになく冗舌だった。

 ところが、話がまだ発表されていないクラブ契約に及ぶと、一瞬、表情を曇らせ「その話は差し控えさせていただきます」と何も答えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る