最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか

公開日: 更新日:

 1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。

 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。

 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを伸ばして後続にプレッシャーをかけたいところだったが、ボギーが先行した。

 出だし3ホールを無難にパーセーブし、4番パー4、5番パー3と連続ボギー。「これではいけない」と宮里は首を振った。

 その後も硬くなったグリーンにボールを止められずチャンスがこなかった。

 初バーディーは9番パー5。残り70ヤードの3打目をピン上1.5メートルにつけ、これを慎重に沈めて勝負のサンデーバックナインに突入。インに入って11番はピンそば1.2メートルを入れて2つ目のバーディーを奪って振り出しに戻った。ところが、その後3ボギーをたたき、通算5アンダー18位に終わった。後半崩れたのもタフなコースを諦めずに攻めた結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る