最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか

公開日: 更新日:

 1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。

 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。

 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを伸ばして後続にプレッシャーをかけたいところだったが、ボギーが先行した。

 出だし3ホールを無難にパーセーブし、4番パー4、5番パー3と連続ボギー。「これではいけない」と宮里は首を振った。

 その後も硬くなったグリーンにボールを止められずチャンスがこなかった。

 初バーディーは9番パー5。残り70ヤードの3打目をピン上1.5メートルにつけ、これを慎重に沈めて勝負のサンデーバックナインに突入。インに入って11番はピンそば1.2メートルを入れて2つ目のバーディーを奪って振り出しに戻った。ところが、その後3ボギーをたたき、通算5アンダー18位に終わった。後半崩れたのもタフなコースを諦めずに攻めた結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る