最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか

公開日:  更新日:

 1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。

 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。

 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを伸ばして後続にプレッシャーをかけたいところだったが、ボギーが先行した。

 出だし3ホールを無難にパーセーブし、4番パー4、5番パー3と連続ボギー。「これではいけない」と宮里は首を振った。

 その後も硬くなったグリーンにボールを止められずチャンスがこなかった。

 初バーディーは9番パー5。残り70ヤードの3打目をピン上1.5メートルにつけ、これを慎重に沈めて勝負のサンデーバックナインに突入。インに入って11番はピンそば1.2メートルを入れて2つ目のバーディーを奪って振り出しに戻った。ところが、その後3ボギーをたたき、通算5アンダー18位に終わった。後半崩れたのもタフなコースを諦めずに攻めた結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る