最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか

公開日:  更新日:

 1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。

 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。

 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを伸ばして後続にプレッシャーをかけたいところだったが、ボギーが先行した。

 出だし3ホールを無難にパーセーブし、4番パー4、5番パー3と連続ボギー。「これではいけない」と宮里は首を振った。

 その後も硬くなったグリーンにボールを止められずチャンスがこなかった。

 初バーディーは9番パー5。残り70ヤードの3打目をピン上1.5メートルにつけ、これを慎重に沈めて勝負のサンデーバックナインに突入。インに入って11番はピンそば1.2メートルを入れて2つ目のバーディーを奪って振り出しに戻った。ところが、その後3ボギーをたたき、通算5アンダー18位に終わった。後半崩れたのもタフなコースを諦めずに攻めた結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る