代打でプロ1号 阪神・北條は“超変革”金本野球で覚醒近し

公開日: 更新日:

「入ると思わなかったので、一生懸命走りました」

 高卒4年目の北條(21)が七回、藤川の代打に起用されると、左腕石田の甘いスライダーをライナーで左翼席へ。プロ初安打がホームランとなり、打った本人もビックリだった。

 金本監督になってのチームスローガンは「超変革」。その象徴が、開幕から1、2番に座る新人の高山(明大)と高卒3年目の横田だ。そして新監督が「第3の男」として期待しているのが、この北條である。

 巨人坂本と同じ光星学院(青森)出身。高校時代は、通算25本塁打を放った強打者で、甲子園通算29打点は清原と並んで史上最多。高校日本代表にも選出され、「坂本二世」と呼ばれていた。12年ドラフトでは、3年春、夏の甲子園決勝で負けた藤浪(大阪桐蔭)に次ぐ2位で指名され阪神入りしたものの、その後は伸び悩んだ。ライバル球団のスコアラーがいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る