代打でプロ1号 阪神・北條は“超変革”金本野球で覚醒近し

公開日:  更新日:

「入ると思わなかったので、一生懸命走りました」

 高卒4年目の北條(21)が七回、藤川の代打に起用されると、左腕石田の甘いスライダーをライナーで左翼席へ。プロ初安打がホームランとなり、打った本人もビックリだった。

 金本監督になってのチームスローガンは「超変革」。その象徴が、開幕から1、2番に座る新人の高山(明大)と高卒3年目の横田だ。そして新監督が「第3の男」として期待しているのが、この北條である。

 巨人坂本と同じ光星学院(青森)出身。高校時代は、通算25本塁打を放った強打者で、甲子園通算29打点は清原と並んで史上最多。高校日本代表にも選出され、「坂本二世」と呼ばれていた。12年ドラフトでは、3年春、夏の甲子園決勝で負けた藤浪(大阪桐蔭)に次ぐ2位で指名され阪神入りしたものの、その後は伸び悩んだ。ライバル球団のスコアラーがいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る