• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

積極策で開幕勝ち越し 阪神“超攻撃野球”で親会社ハラハラ

「超」の文字がつくかは別にして、確かに阪神はこの3試合で「変革」を印象付けた。

 開幕戦の五回には、三塁走者の西岡がメッセンジャーの併殺崩れの間に生還すると、一塁に残ったメッセが2死から盗塁。捕手の悪送球でメッセは果敢に三塁へ進んだ。

 第2戦では、点には結びつかなかったものの、1死一塁から鳥谷が盗塁。五回2死一塁では鳥谷と西岡でランエンドヒットを決めた。

 接戦となった第3戦では、二回に適時打を放った横田にすかさず盗塁のサイン(失敗)を出せば、昨年まで1打席しか立ったことがない4年目の北條を同点の六回1死一塁でまさかの代打起用(三ゴロ)。追いすがる中日打線相手に5人の救援陣をつぎ込み、1点差で逃げ切った。

 開幕2戦目までは、12年目の岡崎にスタメンマスクをかぶらせ、1、2番にはドラフト1位ルーキーの高山(明大)と高卒3年目の横田を抜擢。積極的な攻撃や大胆な選手起用が随所に見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る