積極策で開幕勝ち越し 阪神“超攻撃野球”で親会社ハラハラ

公開日: 更新日:

「超」の文字がつくかは別にして、確かに阪神はこの3試合で「変革」を印象付けた。

 開幕戦の五回には、三塁走者の西岡がメッセンジャーの併殺崩れの間に生還すると、一塁に残ったメッセが2死から盗塁。捕手の悪送球でメッセは果敢に三塁へ進んだ。

 第2戦では、点には結びつかなかったものの、1死一塁から鳥谷が盗塁。五回2死一塁では鳥谷と西岡でランエンドヒットを決めた。

 接戦となった第3戦では、二回に適時打を放った横田にすかさず盗塁のサイン(失敗)を出せば、昨年まで1打席しか立ったことがない4年目の北條を同点の六回1死一塁でまさかの代打起用(三ゴロ)。追いすがる中日打線相手に5人の救援陣をつぎ込み、1点差で逃げ切った。

 開幕2戦目までは、12年目の岡崎にスタメンマスクをかぶらせ、1、2番にはドラフト1位ルーキーの高山(明大)と高卒3年目の横田を抜擢。積極的な攻撃や大胆な選手起用が随所に見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る