積極策で開幕勝ち越し 阪神“超攻撃野球”で親会社ハラハラ

公開日: 更新日:

「超」の文字がつくかは別にして、確かに阪神はこの3試合で「変革」を印象付けた。

 開幕戦の五回には、三塁走者の西岡がメッセンジャーの併殺崩れの間に生還すると、一塁に残ったメッセが2死から盗塁。捕手の悪送球でメッセは果敢に三塁へ進んだ。

 第2戦では、点には結びつかなかったものの、1死一塁から鳥谷が盗塁。五回2死一塁では鳥谷と西岡でランエンドヒットを決めた。

 接戦となった第3戦では、二回に適時打を放った横田にすかさず盗塁のサイン(失敗)を出せば、昨年まで1打席しか立ったことがない4年目の北條を同点の六回1死一塁でまさかの代打起用(三ゴロ)。追いすがる中日打線相手に5人の救援陣をつぎ込み、1点差で逃げ切った。

 開幕2戦目までは、12年目の岡崎にスタメンマスクをかぶらせ、1、2番にはドラフト1位ルーキーの高山(明大)と高卒3年目の横田を抜擢。積極的な攻撃や大胆な選手起用が随所に見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!