新監督唯一の黒星発進 金本阪神「超変革」どこまで貫ける

公開日: 更新日:

「負けたけど、選手はいいものを見せてくれた。1年間続けてほしい」

 中日に2-5で敗れ、新監督の中で唯一の黒星発進となった阪神の金本監督(47)だが、あくまで前向きだった。

 オープン戦で結果を残したドラ1の高山(明大)、高卒3年目の横田を1、2番で起用。阪神に久しく出てこなかった若手を前面に出し、スローガンである「超変革」の一端をアピールした。

 初回、高山がプロ初安打で出塁。横田は投ゴロに倒れて高山と入れ替わる形で出塁すると、すかさず二盗に成功。新助っ人のヘイグの適時打で先制した。

 足でも攻めた。五回には、三走の西岡が三ゴロ併殺崩れの間に本塁を陥れると、投手のメッセンジャーも二盗を決めた。前任の和田監督とは違い、選手の好プレーには笑顔で喜び、感情を表に出してムードを高めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    オスカー退所の剛力彩芽に復活の兆し セレブが板に付いた

もっと見る