9年越し因縁対決 西武・岸が“集中力”でSB和田に投げ勝つ

公開日:  更新日:

 西武の岸孝之(31)にとって、29日のソフトバンク戦は特別な思い入れがあった。脇腹痛で開幕から出遅れた昨年のリベンジに加え、和田(35)との投げ合いにようやく決着がつくからだ。

 過去3試合に投げ合って1勝1敗1分け。2人の投げ合いは岸が9回171球、和田が10回143球を投げてともに無失点、試合も引き分けに終わった08年8月31日以来になる。その後、和田はメジャー移籍。実に9年越しでやってきた白黒をつけるチャンスだった。

 岸は7回117球を投げて5安打無失点。王者ソフトバンク相手に7奪三振の好投で、6回10安打4失点の和田とは対照的な内容だった。

 9年越しで和田に投げ勝った岸を支えるのは集中力だろう。試合前のブルペンでは脇目も振らず捕手の構えたミットを凝視。マウンド上でも普段とはまるで別人。野手の声が聞こえないこともあるという。

「丁寧に投げた結果だと思う。ソフトバンク打線は気を抜けないし、このチームに勝たない限り上は見えませんから」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る