9年越し因縁対決 西武・岸が“集中力”でSB和田に投げ勝つ

公開日:  更新日:

 西武の岸孝之(31)にとって、29日のソフトバンク戦は特別な思い入れがあった。脇腹痛で開幕から出遅れた昨年のリベンジに加え、和田(35)との投げ合いにようやく決着がつくからだ。

 過去3試合に投げ合って1勝1敗1分け。2人の投げ合いは岸が9回171球、和田が10回143球を投げてともに無失点、試合も引き分けに終わった08年8月31日以来になる。その後、和田はメジャー移籍。実に9年越しでやってきた白黒をつけるチャンスだった。

 岸は7回117球を投げて5安打無失点。王者ソフトバンク相手に7奪三振の好投で、6回10安打4失点の和田とは対照的な内容だった。

 9年越しで和田に投げ勝った岸を支えるのは集中力だろう。試合前のブルペンでは脇目も振らず捕手の構えたミットを凝視。マウンド上でも普段とはまるで別人。野手の声が聞こえないこともあるという。

「丁寧に投げた結果だと思う。ソフトバンク打線は気を抜けないし、このチームに勝たない限り上は見えませんから」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る