9年越し因縁対決 西武・岸が“集中力”でSB和田に投げ勝つ

公開日: 更新日:

 西武岸孝之(31)にとって、29日のソフトバンク戦は特別な思い入れがあった。脇腹痛で開幕から出遅れた昨年のリベンジに加え、和田(35)との投げ合いにようやく決着がつくからだ。

 過去3試合に投げ合って1勝1敗1分け。2人の投げ合いは岸が9回171球、和田が10回143球を投げてともに無失点、試合も引き分けに終わった08年8月31日以来になる。その後、和田はメジャー移籍。実に9年越しでやってきた白黒をつけるチャンスだった。

 岸は7回117球を投げて5安打無失点。王者ソフトバンク相手に7奪三振の好投で、6回10安打4失点の和田とは対照的な内容だった。

 9年越しで和田に投げ勝った岸を支えるのは集中力だろう。試合前のブルペンでは脇目も振らず捕手の構えたミットを凝視。マウンド上でも普段とはまるで別人。野手の声が聞こえないこともあるという。

「丁寧に投げた結果だと思う。ソフトバンク打線は気を抜けないし、このチームに勝たない限り上は見えませんから」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る