打線は万全の西武 開幕投手・菊池雄星がチームの浮沈握る

公開日:  更新日:

 攻撃陣は強力だ。昨季打撃2冠の中村、14年本塁打王のメヒア、そして歴代最多となるシーズン216安打の秋山が並ぶ打線は、ソフトバンクにもひけを取らない。

「中でも期待できるのがメヒアでしょう。14年にタイトルを獲得して、すっかり問題児と化していたんです。慢心してしまい、ベネズエラに帰国するとほとんど練習せず、昨年のキャンプに8キロも太った姿で現れた。それでも27本塁打、89打点は立派ですが、打率は・235。さすがに反省したのか、今季は失態を取り戻そうと燃えている。故郷の自宅にも打撃マシンを導入し、練習に励んでいたそうですから」(球団OB)

 中村、メヒア、浅村ら主力野手6人は宮崎キャンプ中から独自調整が許され、途中からは二軍が汗を流す高知に移動。じっくりと状態を上げてきたから、万全の状態で開幕を迎えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る