打線は万全の西武 開幕投手・菊池雄星がチームの浮沈握る

公開日: 更新日:

 攻撃陣は強力だ。昨季打撃2冠の中村、14年本塁打王のメヒア、そして歴代最多となるシーズン216安打の秋山が並ぶ打線は、ソフトバンクにもひけを取らない。

「中でも期待できるのがメヒアでしょう。14年にタイトルを獲得して、すっかり問題児と化していたんです。慢心してしまい、ベネズエラに帰国するとほとんど練習せず、昨年のキャンプに8キロも太った姿で現れた。それでも27本塁打、89打点は立派ですが、打率は・235。さすがに反省したのか、今季は失態を取り戻そうと燃えている。故郷の自宅にも打撃マシンを導入し、練習に励んでいたそうですから」(球団OB)

 中村、メヒア、浅村ら主力野手6人は宮崎キャンプ中から独自調整が許され、途中からは二軍が汗を流す高知に移動。じっくりと状態を上げてきたから、万全の状態で開幕を迎えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る