積極走塁で巨人粉砕 金本阪神8点快勝の裏に周到準備

公開日:  更新日:

「(昨年)5敗している投手(ポレダ)に勝ったことが一番大きい」

 阪神は5日、巨人との今季初戦に快勝。金本監督(48)は高橋監督(41)との新人監督対決を制し、自然と笑みがこぼれた。昨季、2勝11敗に終わった“鬼門”の東京ドーム、相手先発は苦手のポレダだったが、足を駆使した攻撃で大量8得点。やりたい放題の大勝だった。

 三回、安打で出塁した藤浪が高山の右前打で積極果敢に三塁を陥れ、横田の投手内野安打の際に勝ち越しのホームを踏んだ。なおも1死一、三塁、ゴメスの打席でフルカウントから横田、ヘイグが重盗を決めて追加点。六回には鈍足のゴメスが鳥谷の打席で盗塁を決めると、ポレダはいよいよメロメロに。打線がつながり、ボークも誘発してこの回、4得点で試合を決めた。

 就任当初から掲げてきた積極的な走塁で、巨人を粉砕した金本監督は、「まずは走塁の意識改革からスタートしたといっても過言ではない。選手の野球に対する意識が変わってきている」と、手応えを掴んだ様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る