積極走塁で巨人粉砕 金本阪神8点快勝の裏に周到準備

公開日: 更新日:

「(昨年)5敗している投手(ポレダ)に勝ったことが一番大きい」

 阪神は5日、巨人との今季初戦に快勝。金本監督(48)は高橋監督(41)との新人監督対決を制し、自然と笑みがこぼれた。昨季、2勝11敗に終わった“鬼門”の東京ドーム、相手先発は苦手のポレダだったが、足を駆使した攻撃で大量8得点。やりたい放題の大勝だった。

 三回、安打で出塁した藤浪が高山の右前打で積極果敢に三塁を陥れ、横田の投手内野安打の際に勝ち越しのホームを踏んだ。なおも1死一、三塁、ゴメスの打席でフルカウントから横田、ヘイグが重盗を決めて追加点。六回には鈍足のゴメスが鳥谷の打席で盗塁を決めると、ポレダはいよいよメロメロに。打線がつながり、ボークも誘発してこの回、4得点で試合を決めた。

 就任当初から掲げてきた積極的な走塁で、巨人を粉砕した金本監督は、「まずは走塁の意識改革からスタートしたといっても過言ではない。選手の野球に対する意識が変わってきている」と、手応えを掴んだ様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る