【開幕直前対談】達川光男×仁志敏久 巨神の新監督2人を語る

公開日: 更新日:

2人だけが知る両監督の素顔と資質

 きょう開幕を迎えるプロ野球、今季の最注目は、ともに指導者経験がほとんどないまま伝統球団を率いることになった、巨人高橋由伸監督(40)と阪神金本知憲監督(47)だろう。そこで2人をよく知る巨人OBの仁志敏久氏(44)と元広島監督の達川光男氏(60)に両監督のことを大いに語ってもらった。

■「ワシはカネに恨まれとる」

――達川さんは現役選手としても金本監督と1年間、同じ釜の飯を食べた間柄。99年に広島監督に就任してからは上司と部下の関係にありました。

達川「付き合いは長いけど、ワシはカネ(金本)に恨まれとるからね」

仁志「いきなりですか(笑い)」

達川「いや、ホンマよ。カネは04年に元阪神の三宅秀史さんが持つ(700試合の)連続フルイニング出場の日本記録を更新し、06年にカル・リプケン(の903試合)を抜いて世界記録を達成するわけだけど、そのとき本人から言われたよ。『監督が達川さんじゃなかったら、もっと早く記録を達成できたし、もっと長く記録は続いたはずです』と。冗談半分という口調で顔は笑っとったけど、目はマジじゃった(笑い)。確かにカネの言う通りなんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る