右足負傷でスタメン落ちも 青木“男気”出場でチームに貢献

公開日:  更新日:

 新天地で好スタートを切ったのがマリナーズ・青木宣親(34)だ。

 6日のレンジャーズ戦は前日の試合で自打球を当てて右足のすねを痛めた影響から開幕3戦目にして休養を与えられた。ベンチから戦況を見守ったが、4-5と1点を追う九回に代打で登場。8番クレベンジャー捕手に代わって打席に立つと、相手の守護神トールソンの初球、150キロの直球をはじき返す中前打。昨季、37セーブをマークしたメジャーを代表する守護神を攻略すると、後続が連打して同点のホームを踏んだ。3番カノーの2ランなどで、この回は一挙に5点を返して勝ち越した。チームは開幕初戦こそ落としたが、青木の連日の活躍もあり、このカード2勝1敗と好発進である。

 青木はカノーらとともにチーム最年長だけに首脳陣の配慮からスタメンを外れたが、試合前にサービス監督から「代打でいけるか?」と打診され、出場を即答したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る