右足負傷でスタメン落ちも 青木“男気”出場でチームに貢献

公開日:  更新日:

 新天地で好スタートを切ったのがマリナーズ・青木宣親(34)だ。

 6日のレンジャーズ戦は前日の試合で自打球を当てて右足のすねを痛めた影響から開幕3戦目にして休養を与えられた。ベンチから戦況を見守ったが、4-5と1点を追う九回に代打で登場。8番クレベンジャー捕手に代わって打席に立つと、相手の守護神トールソンの初球、150キロの直球をはじき返す中前打。昨季、37セーブをマークしたメジャーを代表する守護神を攻略すると、後続が連打して同点のホームを踏んだ。3番カノーの2ランなどで、この回は一挙に5点を返して勝ち越した。チームは開幕初戦こそ落としたが、青木の連日の活躍もあり、このカード2勝1敗と好発進である。

 青木はカノーらとともにチーム最年長だけに首脳陣の配慮からスタメンを外れたが、試合前にサービス監督から「代打でいけるか?」と打診され、出場を即答したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る