右足負傷でスタメン落ちも 青木“男気”出場でチームに貢献

公開日: 更新日:

 新天地で好スタートを切ったのがマリナーズ・青木宣親(34)だ。

 6日のレンジャーズ戦は前日の試合で自打球を当てて右足のすねを痛めた影響から開幕3戦目にして休養を与えられた。ベンチから戦況を見守ったが、4-5と1点を追う九回に代打で登場。8番クレベンジャー捕手に代わって打席に立つと、相手の守護神トールソンの初球、150キロの直球をはじき返す中前打。昨季、37セーブをマークしたメジャーを代表する守護神を攻略すると、後続が連打して同点のホームを踏んだ。3番カノーの2ランなどで、この回は一挙に5点を返して勝ち越した。チームは開幕初戦こそ落としたが、青木の連日の活躍もあり、このカード2勝1敗と好発進である。

 青木はカノーらとともにチーム最年長だけに首脳陣の配慮からスタメンを外れたが、試合前にサービス監督から「代打でいけるか?」と打診され、出場を即答したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る