6回零封&1号弾 マエケン最高初勝利にエース左腕ひと役

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕が上々のデビューを果たした。

 ドジャース・前田健太(27)が6日(日本時間7日)のパドレス戦にメジャー初登板。6回を5安打無失点、4三振、無四球で初勝利を挙げた。

 前田は投球よりも、まずは打撃で敵地ペトコパークのファンの注目を集めた。4点リードの四回の第2打席だった。相手の先発右腕キャッシュナーにカウント2ストライクと追い込まれた後の3球目。甘く入ったスライダーを振り抜くと、打球はグングン伸びて左翼スタンドに吸い込まれた。メジャー初安打を本塁打で記録した前田はダイヤモンドをゆっくりと一周し、ベンチに戻るとナインにもみくちゃにされる祝福を受けた。

 本職の投球でも危なげなかった。立ち上がりから、キレのいい変化球を低めに決めて凡打の山を築く。四回、中軸の連打で2死二、三塁のピンチにも後続を打ち取ってつけ入る隙を与えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る