開幕前に丸裸 他球団007が見破ったマエケンの致命的欠点

公開日: 更新日:

 心配された故障もなくメジャー1年目のキャンプを乗り切った日本人右腕のウイークポイントを指摘する声が聞こえてきた。ドジャース・前田健太(27)に関してである。

 オープン戦はここまで5試合(計19回)を投げ1勝1敗、防御率1.89。直球の最速は140キロ台半ばと球威はないものの、持ち前の制球力は健在。メジャーの公認球や硬いマウンドを苦にせず、安定した投球を続けている。すでにデーブ・ロバーツ監督から先発3番手に指名され、レギュラーシーズン初戦は4月6日のパドレス戦に決定。ドジャースでは唯一の先発右腕だけに期待は大きい。

 不安といえば契約前のメディカルチェックで見つかった肩、肘の異常くらいかと思ったら、前田のオープン戦での投球を視察しているライバル球団のアドバンスドスカウト(先乗りスコアラー)は、「他の日本人投手と比べたら怖さがない」と、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る