開幕前に丸裸 他球団007が見破ったマエケンの致命的欠点

公開日: 更新日:

 心配された故障もなくメジャー1年目のキャンプを乗り切った日本人右腕のウイークポイントを指摘する声が聞こえてきた。ドジャース・前田健太(27)に関してである。

 オープン戦はここまで5試合(計19回)を投げ1勝1敗、防御率1.89。直球の最速は140キロ台半ばと球威はないものの、持ち前の制球力は健在。メジャーの公認球や硬いマウンドを苦にせず、安定した投球を続けている。すでにデーブ・ロバーツ監督から先発3番手に指名され、レギュラーシーズン初戦は4月6日のパドレス戦に決定。ドジャースでは唯一の先発右腕だけに期待は大きい。

 不安といえば契約前のメディカルチェックで見つかった肩、肘の異常くらいかと思ったら、前田のオープン戦での投球を視察しているライバル球団のアドバンスドスカウト(先乗りスコアラー)は、「他の日本人投手と比べたら怖さがない」と、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る