開幕前に丸裸 他球団007が見破ったマエケンの致命的欠点

公開日: 更新日:

 心配された故障もなくメジャー1年目のキャンプを乗り切った日本人右腕のウイークポイントを指摘する声が聞こえてきた。ドジャース・前田健太(27)に関してである。

 オープン戦はここまで5試合(計19回)を投げ1勝1敗、防御率1.89。直球の最速は140キロ台半ばと球威はないものの、持ち前の制球力は健在。メジャーの公認球や硬いマウンドを苦にせず、安定した投球を続けている。すでにデーブ・ロバーツ監督から先発3番手に指名され、レギュラーシーズン初戦は4月6日のパドレス戦に決定。ドジャースでは唯一の先発右腕だけに期待は大きい。

 不安といえば契約前のメディカルチェックで見つかった肩、肘の異常くらいかと思ったら、前田のオープン戦での投球を視察しているライバル球団のアドバンスドスカウト(先乗りスコアラー)は、「他の日本人投手と比べたら怖さがない」と、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る