「開幕戦を楽しみたい」 ドジャース前田は余裕たっぷり

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕が初登板を前に余裕を見せた。

 ドジャース・前田健太(27)が4日(日本時間5日)、パドレスとの開幕戦を前に敵地サンディエゴで調整。前日にブルペンで投球練習しただけに、ダッシュやキャッチボールなど軽めのメニューで汗を流した。

 6日(日本時間7日)のパドレス戦でメジャーデビューするが「(敵地ペトコパークは)いい球場だし、気候もロスや(キャンプ地)アリゾナに似ているので問題ない」と自信たっぷり。

 昨季までは広島で開幕投手を務め、開幕気分を味わう余裕はなかった。試合前にはセレモニーも行われるだけに「投げない時の開幕戦は楽しい」と笑顔を見せた。

 相手のパドレスはオープン戦でリーグ3位の194得点をマークするなど好調だ。開幕投手を務める自軍のエース左腕カーショウの投球は参考になるはずで、「まだ投げないので、きょうはメジャーの開幕戦を楽しみながら見たい」とリラックスした表情で話した。

 オープン戦は6試合に登板して防御率2.35と上々の結果を残したが、レギュラーシーズンではいつまで笑っていられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る