3試合18得点の“立役者” 猛虎上位打線に他球団タジタジ

公開日: 更新日:

 またも巨人に大勝だ。

 阪神は7日の巨人戦で12安打10得点と打線が大当たり。先発メッセンジャーも8回1失点の好投で、このカード2勝1敗で勝ち越した。

 2戦目こそ菅野に完封勝利を献上したが、3試合で計18得点。昨年、東京ドームでわずか2勝に終わったチームが、開幕からわずか2週間で昨年の勝ち数に並んだ。

 金本監督は「今年からチームが変わっていくという中で、メッセも藤浪も相性が良くなかった東京ドームで勝てたことは前向きに捉えている」と、勝利に手ごたえを得た様子だった。

 打線を牽引しているのは、1番の高山(明大)に始まる上位打線だ。高山は5日のカード初戦に4安打2打点の活躍を見せると、この日も1安打を放って5試合連続安打。2番の横田は徐々に調子を落としているとはいえ、どんなボールにも食らいつき、塁に出れば足で相手バッテリーを揺さぶり警戒させる。3番のヘイグも開幕前は調整遅れが不安視されたが、チームトップの打率・333をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る