ヤクルト戦で4安打 阪神・高山が今後背負う球界の“因縁”

公開日: 更新日:

「積極的にいこうと思った。良い形で打てた」

 阪神ドラフト1位・高山俊(22=明大)は初回、高校、大学時代に活躍した神宮で、1位指名で競合したヤクルトのファンで埋まる右翼席にプロ初本塁打となる先頭打者アーチを叩きこんだ。新人とは思えない巧みなバットコントロールで、延長十二回の引き分けに終わったこの日は4安打の猛打賞。開幕から結果を残し続けているが、高山の阪神入りがいくつもの「人間ドラマ」を生んでいたことは、あまり知られていない。

 昨年のドラフトでは、ヤクルトの真中監督が、高山の当たりクジと勘違いしてガッツポーズをし、大騒ぎになったことは記憶に新しい。ヤクルトは左打ちの外野手が喉から手が出るほど欲しかったから、オリックスが1位指名した吉田正尚(青学大)も候補に挙げていた。ヤクルトが高山を取りにいったことで、オリックスは吉田の単独指名に成功。その吉田は開幕から5戦連続安打の活躍を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る