ヤクルト戦で4安打 阪神・高山が今後背負う球界の“因縁”

公開日:  更新日:

「積極的にいこうと思った。良い形で打てた」

 阪神のドラフト1位・高山俊(22=明大)は初回、高校、大学時代に活躍した神宮で、1位指名で競合したヤクルトのファンで埋まる右翼席にプロ初本塁打となる先頭打者アーチを叩きこんだ。新人とは思えない巧みなバットコントロールで、延長十二回の引き分けに終わったこの日は4安打の猛打賞。開幕から結果を残し続けているが、高山の阪神入りがいくつもの「人間ドラマ」を生んでいたことは、あまり知られていない。

 昨年のドラフトでは、ヤクルトの真中監督が、高山の当たりクジと勘違いしてガッツポーズをし、大騒ぎになったことは記憶に新しい。ヤクルトは左打ちの外野手が喉から手が出るほど欲しかったから、オリックスが1位指名した吉田正尚(青学大)も候補に挙げていた。ヤクルトが高山を取りにいったことで、オリックスは吉田の単独指名に成功。その吉田は開幕から5戦連続安打の活躍を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る