センバツ好投の明石商・吉高 巨人ドラ1“特A”候補に急浮上

公開日: 更新日:

「身長は170センチでも、馬力とスプリットのキレは出色です。ガッツがあるのもいい」

 バックネット裏でお揃いのロングコートを着て1回戦を視察した巨人スカウトの一人がこう評価したのは、初出場で8強入りした(市立)明石商のエース右腕・吉高壮(3年)だ。

 28日の龍谷大平安との準々決勝で、延長十二回の末にサヨナラ適時打を浴びて力尽きたものの、3試合で435球を投げ、この日は自己最速を更新する146キロをマーク。決め球のスプリットを織り交ぜ、2回戦では優勝候補筆頭、東邦の今大会注目右腕・藤嶋と投げ合い、完封勝利を飾った。この日も龍谷大平安の左腕・市岡と投手戦を演じ、「藤嶋くんのマウンドさばき、市岡くんの低めのコントロール。いいところを盗めたら」と汗を拭い、甲子園を去った。

 前出の巨人スカウトは、初戦を終えた段階で「高校生ナンバーワンといわれる履正社の左腕・寺島は出ていないし、今大会は目玉が少ない大会。その中で明石商の投手は印象的だった。甲子園が終わった後のスカウト会議で急浮上するのではないか」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る