• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ好投の明石商・吉高 巨人ドラ1“特A”候補に急浮上

「身長は170センチでも、馬力とスプリットのキレは出色です。ガッツがあるのもいい」

 バックネット裏でお揃いのロングコートを着て1回戦を視察した巨人スカウトの一人がこう評価したのは、初出場で8強入りした(市立)明石商のエース右腕・吉高壮(3年)だ。

 28日の龍谷大平安との準々決勝で、延長十二回の末にサヨナラ適時打を浴びて力尽きたものの、3試合で435球を投げ、この日は自己最速を更新する146キロをマーク。決め球のスプリットを織り交ぜ、2回戦では優勝候補筆頭、東邦の今大会注目右腕・藤嶋と投げ合い、完封勝利を飾った。この日も龍谷大平安の左腕・市岡と投手戦を演じ、「藤嶋くんのマウンドさばき、市岡くんの低めのコントロール。いいところを盗めたら」と汗を拭い、甲子園を去った。

 前出の巨人スカウトは、初戦を終えた段階で「高校生ナンバーワンといわれる履正社の左腕・寺島は出ていないし、今大会は目玉が少ない大会。その中で明石商の投手は印象的だった。甲子園が終わった後のスカウト会議で急浮上するのではないか」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る