センバツ好投の明石商・吉高 巨人ドラ1“特A”候補に急浮上

公開日:  更新日:

「身長は170センチでも、馬力とスプリットのキレは出色です。ガッツがあるのもいい」

 バックネット裏でお揃いのロングコートを着て1回戦を視察した巨人スカウトの一人がこう評価したのは、初出場で8強入りした(市立)明石商のエース右腕・吉高壮(3年)だ。

 28日の龍谷大平安との準々決勝で、延長十二回の末にサヨナラ適時打を浴びて力尽きたものの、3試合で435球を投げ、この日は自己最速を更新する146キロをマーク。決め球のスプリットを織り交ぜ、2回戦では優勝候補筆頭、東邦の今大会注目右腕・藤嶋と投げ合い、完封勝利を飾った。この日も龍谷大平安の左腕・市岡と投手戦を演じ、「藤嶋くんのマウンドさばき、市岡くんの低めのコントロール。いいところを盗めたら」と汗を拭い、甲子園を去った。

 前出の巨人スカウトは、初戦を終えた段階で「高校生ナンバーワンといわれる履正社の左腕・寺島は出ていないし、今大会は目玉が少ない大会。その中で明石商の投手は印象的だった。甲子園が終わった後のスカウト会議で急浮上するのではないか」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る