勝機は打線分断 セ007が見つけた今季巨人の“致命的弱点”

公開日: 更新日:

「今年の巨人は試合時間が長い。連日3時間半を超えるような試合をやっている。連覇していたころはもっと短かった。あと一本(の適時打)が出ない。後ろの投手がバタバタする。試合が長くなるのは決め手がないということなんです」

 セ・リーグの某スコアラーがこう言った。前日は延長十二回を戦って4時間4分。今季は15試合中、4時間超えがすでに4試合もある。11日の中日戦は延長戦でもないのに3時間38分。確かに長い。

 試合は二回にギャレットが21打席ぶりに安打を放つと、1点を追う六回2死二塁から中前適時打でチームに25イニングぶりの得点をもたらした。1点を追う七回2死一、三塁からは立岡の適時打で同点。坂本の2点二塁打で逆転勝ちした。

 これでセとの対戦は一回りが終了。高橋由伸監督(41)は「一回りした感想? 特にないですね。まずは自分のチームの形をつくるというか、選手が試合に慣れていくことが一番大事だと思う」と素っ気なかったが、9勝5敗1分けで首位だから、まずまずのスタートだろう。が、前出のスコアラーは「分かったことがある」と、こう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る