勝機は打線分断 セ007が見つけた今季巨人の“致命的弱点”

公開日: 更新日:

「今年の巨人は試合時間が長い。連日3時間半を超えるような試合をやっている。連覇していたころはもっと短かった。あと一本(の適時打)が出ない。後ろの投手がバタバタする。試合が長くなるのは決め手がないということなんです」

 セ・リーグの某スコアラーがこう言った。前日は延長十二回を戦って4時間4分。今季は15試合中、4時間超えがすでに4試合もある。11日の中日戦は延長戦でもないのに3時間38分。確かに長い。

 試合は二回にギャレットが21打席ぶりに安打を放つと、1点を追う六回2死二塁から中前適時打でチームに25イニングぶりの得点をもたらした。1点を追う七回2死一、三塁からは立岡の適時打で同点。坂本の2点二塁打で逆転勝ちした。

 これでセとの対戦は一回りが終了。高橋由伸監督(41)は「一回りした感想? 特にないですね。まずは自分のチームの形をつくるというか、選手が試合に慣れていくことが一番大事だと思う」と素っ気なかったが、9勝5敗1分けで首位だから、まずまずのスタートだろう。が、前出のスコアラーは「分かったことがある」と、こう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る