勝機は打線分断 セ007が見つけた今季巨人の“致命的弱点”

公開日: 更新日:

「今年の巨人は試合時間が長い。連日3時間半を超えるような試合をやっている。連覇していたころはもっと短かった。あと一本(の適時打)が出ない。後ろの投手がバタバタする。試合が長くなるのは決め手がないということなんです」

 セ・リーグの某スコアラーがこう言った。前日は延長十二回を戦って4時間4分。今季は15試合中、4時間超えがすでに4試合もある。11日の中日戦は延長戦でもないのに3時間38分。確かに長い。

 試合は二回にギャレットが21打席ぶりに安打を放つと、1点を追う六回2死二塁から中前適時打でチームに25イニングぶりの得点をもたらした。1点を追う七回2死一、三塁からは立岡の適時打で同点。坂本の2点二塁打で逆転勝ちした。

 これでセとの対戦は一回りが終了。高橋由伸監督(41)は「一回りした感想? 特にないですね。まずは自分のチームの形をつくるというか、選手が試合に慣れていくことが一番大事だと思う」と素っ気なかったが、9勝5敗1分けで首位だから、まずまずのスタートだろう。が、前出のスコアラーは「分かったことがある」と、こう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか