日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロがブーイング…全米OPコース設定の裏に「巨額放映権料」

 これほどゴルフコースとそのセットアップに批判が続出した全米オープンを知らない。メジャー9勝のゲーリー・プレーヤーは「私の63年のプロ生活の中で、これはもっともひどいコースのひとつだ。これは悲劇だ」と語った。

 通常、選手はコースに対しての批判の声を上げることは少ない。主催者への礼儀に反するし、まして悪いスコアであれば、自らの未熟をコースのせいにしているように思われるからだ。しかし、今回はトッププロたちも会場にあきれている。

 ジョーダン・スピースは、日替わりでパー5とパー4に入れ替わる1番と18番ホールについて、「私がプレーした中で、もっともひどい、バカなホールだ」と指摘。

 ワールドランキング首位のローリー・マキロイは、「ボールがまともに転がらない」とグリーンにお手上げ状態。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事