プロがブーイング…全米OPコース設定の裏に「巨額放映権料」

公開日:  更新日:

 これほどゴルフコースとそのセットアップに批判が続出した全米オープンを知らない。メジャー9勝のゲーリー・プレーヤーは「私の63年のプロ生活の中で、これはもっともひどいコースのひとつだ。これは悲劇だ」と語った。

 通常、選手はコースに対しての批判の声を上げることは少ない。主催者への礼儀に反するし、まして悪いスコアであれば、自らの未熟をコースのせいにしているように思われるからだ。しかし、今回はトッププロたちも会場にあきれている。

 ジョーダン・スピースは、日替わりでパー5とパー4に入れ替わる1番と18番ホールについて、「私がプレーした中で、もっともひどい、バカなホールだ」と指摘。

 ワールドランキング首位のローリー・マキロイは、「ボールがまともに転がらない」とグリーンにお手上げ状態。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る