バドNTT東に比べ…賭博処分で巨人の“非常識”また浮き彫り

公開日: 更新日:

 これが社会の常識ではないか。

 男子バドミントン部の田児賢一(26)、桃田賢斗(21)ら8人が違法カジノ店で賭博行為を行っていたNTT東日本は11日、「社会をお騒がせし、多くの皆さまの期待を裏切る結果となりましたことを、心より深くおわび申し上げます」などと謝罪した。同時に、田児を解雇、桃田を「出勤停止30日」、その他の賭博行為を行った社員は「厳重注意処分」、奥本部長と松野監督らは解任され、男子バドミントン部は半年間の活動停止となった。

 それに比べて、支配下選手から野球賭博関与者を4人も出した巨人はどうだったか。当事者たちの無期失格処分やフロント幹部の辞任は当然としても、チーム自体は開幕延期や勝敗のハンディを負うこともなく、開幕から好調で首位にいる。

 例えば、巨人が半年でも活動を自粛したらリーグ戦は成り立たないという理屈は分かる。それにしても、あれだけ世間を騒がせて、しかも野球賭博に関与した選手の中には裏カジノ店への出入りを認めている者もいる。裏社会の人間との接触もないとは断言できない。それが、1000万円の罰金だけで済ませたのは、「NTT東日本は部員のほとんどが裏カジノに行ったが、巨人でアホな選手はたったの4人」という考えだからなのか。

 このまま巨人が首位を走り、優勝でもしたら世間はどう思うだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る