現役20年の意地 車いすラグビー岸光太郎の終わりなき戦い

公開日:  更新日:

 パラリンピックの競技の中でも最も激しい衝突が繰り広げられる車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)。96年から20年間プレーを続け、今夏リオ・パラ五輪での活躍に燃える“レジェンド”がいる。岸光太郎さん(44)だ。

 大学生だった94年1月にバイク事故で頸椎を損傷。車いす生活となり、下半身や両手が自由に動かせなくなった。苦しいリハビリや不自由な体に落ち込むこともしばしば。そんな時、リハビリの先生から紹介されたのがこの競技だった。

「うわさでは聞いていましたが、実際に試合を見てみると衝撃、スピードが半端ではなくて。競技車同士が激突し合うちょっとした“交通事故”が常にコート上で起こっている感じ(笑い)。そこに魅力を感じて、すぐに『やりたい』という気持ちになりました」

 車いすラグビーは障がいの度合いにより、各選手に「持ち点」が設定される。岸さんは0・5点から3・5点までの7段階で最も障がいが重い「0・5点」。車いすラグビーは、コート上の4人の合計点を8点以内で編成しなければならない。下半身の自由がきかず、両手でバンザイすら困難な岸さんは、相手の攻撃を阻む守備的役割を担う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る