現役20年の意地 車いすラグビー岸光太郎の終わりなき戦い

公開日: 更新日:

 パラリンピックの競技の中でも最も激しい衝突が繰り広げられる車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)。96年から20年間プレーを続け、今夏リオ・パラ五輪での活躍に燃える“レジェンド”がいる。岸光太郎さん(44)だ。

 大学生だった94年1月にバイク事故で頸椎を損傷。車いす生活となり、下半身や両手が自由に動かせなくなった。苦しいリハビリや不自由な体に落ち込むこともしばしば。そんな時、リハビリの先生から紹介されたのがこの競技だった。

「うわさでは聞いていましたが、実際に試合を見てみると衝撃、スピードが半端ではなくて。競技車同士が激突し合うちょっとした“交通事故”が常にコート上で起こっている感じ(笑い)。そこに魅力を感じて、すぐに『やりたい』という気持ちになりました」

 車いすラグビーは障がいの度合いにより、各選手に「持ち点」が設定される。岸さんは0・5点から3・5点までの7段階で最も障がいが重い「0・5点」。車いすラグビーは、コート上の4人の合計点を8点以内で編成しなければならない。下半身の自由がきかず、両手でバンザイすら困難な岸さんは、相手の攻撃を阻む守備的役割を担う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る