オープン戦で3失点も…G菅野は“1本の電話”で球界評判上々

公開日: 更新日:

 結果とは対照的に表情は明るかった。

 巨人菅野智之(26)が21日の広島戦でオープン戦初登板。エルドレッドに一発を浴びるなど3回6安打3失点とピリッとしなかったが、本人は「やってきたことはできている。打たれたのは変化球。直球主体の投球をすればもっとよくなります」と力強かった。3年ぶりに試している「ワンシーム」も披露。打者の手元で微妙に動かし、「打者がびっくりした顔をしていた」と手応えをつかんだ様子だった。

 開幕投手は決定的。チーム内の信頼は揺るぎないが、球界での評判も改めて上がっている。3月5日、6日に行われる侍ジャパンの強化試合(台湾戦)の件があるからだ。

日本ハムの大谷、阪神の藤浪ら代表エース候補が軒並み辞退する中、菅野は『成長した姿を見せたい』と意欲満々。辞退選手のように、3月25日の開幕に備えたいと言うこともできたのに、菅野は代表発表前にわざわざ侍ジャパン関係者に電話して、『自分にできることは、なんでもします』と言ったそう。かねて『代表の誇りとプライド』と口にする小久保監督はこの手の選手を好みますからね。来年のWBC本番では、大谷ではなく菅野を中心に考えるかもしれません」(球界関係者)

 確かに、意気込みは買える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る