同じ“アマ王者”でも実力差歴然 日米ゴルフ指導何が違う?

公開日:  更新日:

【東建ホームメイドカップ】

 男子の国内開幕戦には、昨年、史上最年少記録(17歳51日)で日本アマを制覇した金谷拓実(17)が出場して注目された。

 大会前に「まずは予選通過。そしてトップ10入りしたい」と目標を掲げたが、初日に5オーバー105位と出遅れると、2日目もスコアを崩して通算9オーバー96位とあえなく予選落ちした。

 日本アマ王者とはいえ、しょせんアマチュア。プロの足元にも及ばないのは当然と考える向きも多いだろう。しかし、海外は違う。先週のマスターズには、昨年の全米アマ王者のB・デシャンボー(22)が出場し、2日目には首位を走るJ・スピースに一時、1打差まで迫るプレーでパトロンを沸かせた。

 結局、21位のベストアマに終わったが、それでも世界のトップクラスですら、予選通過できなかったプロが多かっただけにデシャンボーのプレーが光った。同じアマチュアのトップでありながら、日米でなぜこうも実力差があるのか。ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る