「永久シード廃止を」 開幕戦2R前に棄権のジャンボに苦言

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 東京も桜が散り、国内男子ツアーがやっと開幕した。日本ゴルフツアー機構(JGTO)は今年から青木功新会長体制になって、選手会と一緒に人気回復と試合増を目指してツアー改革に取り組んでいくが、さっそく「?」だ。

 永久シードの尾崎将司(69)だ。初日は9オーバー129位タイと見せ場がなく、18ホールプレーするのがやっと。2日目は左肩痛のため、スタート前に棄権したからだ。

 これに対し、ゴルフ評論家の菅野徳雄氏がこう苦言を呈す。

「永久シードなんていう制度はやめるべきです。ジャンボが出ることで、若手1人の出場枠が減らされる。それにクラブを杖代わりにつきながら棄権ばかりのジャンボが出場するというのはどう考えてもおかしい。ところが昔の男子ツアーを盛り上げた功労者でもあるだから、ツアー関係者もメディアもおかしいとは言えない。ジャンボに“もう試合に出ないでくれ”というところから改革していかなければいけません」

 青木会長に要請されて特別顧問に就いた尾崎だが、試合でボロボロになっているよりも、ギャラリーゲートに立ってファン一人一人に頭を下げたほうがよっぽど大会が盛り上がり、役立つはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る