「五輪金で全メジャー出場可」掲げたマスターズ委の焦り

公開日: 更新日:

 今年8月のリオ五輪で金メダルを獲得した男子選手にメジャー4試合、女子選手には同5試合の出場権が与えられることになった。

 マスターズ委員会のビリー・ペイン会長ら4団体の会長が先週、オーガスタナショナルGCで発表、「五輪によって世界中の新たな層にゴルフの露出が高まり、ゴルフ競技の参加者が増えるだろう」(ペイン会長)と、大きな期待を寄せる。

 実はこのメジャー出場特典は、トッププロが五輪出場に乗り気でないのが背景にある。A・スコット(35)は昨年出場しない意向を示し、R・マキロイ(26)は「五輪で戦うことやメダル獲得を夢見たことはない。常にメジャーが重要だ」と述べている。松山英樹(24)も「位置づけが難しい」と戸惑いを見せる。

 しかし業界団体にとって、五輪ゴルフを失敗させるわけにはいかない事情がある。2005年のデータによると米ゴルフ人口は過去10年間で約500万人も減っている。この数字はさらに悪化しているという指摘がある。だから米国内でのゴルフメーカーの売り上げは減少の一途をたどり、ゴルフ場は閉鎖に追い込まれるなど、ゴルフ人気が高いイメージのある米国でもゴルフ離れに歯止めがかからない深刻な状況なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る