アマと同ティー4Hだけ 男子プロは開幕前からサービス欠如

公開日:  更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 大会前日のプロアマ戦では、ゲストとのコミュニケーションをより深めるため4ホールでプロが同じティーからプレーすることになった。

 これは日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功新会長(73)からの指示。選手会長の宮里優作(35)は「アマと同じティーでもまったく問題ない。それで調子が乱れるようならプロじゃない」と胸を張ったが、はたしてそれが主催者へのサービスといえるのか。

「男子プロはまだ何もわかっちゃいない。4ホールじゃなくて、全ホールでゲストと同じティーから打てばいい」と指摘するのは評論家の菅野徳雄氏だ。

「だいたい男子プロの多くはプロアマ戦に出場するのを面倒だと思っています。どうしてトーナメントが成り立って、賞金を稼ぐことができるのか、根本的なところで自覚が足りません。プロアマ戦は大会にとって重要な行事であり、お世話になっている人たちをもてなす場です。ところが、ゲストとの会話もそっちのけで練習に夢中の選手がまだ多い。プロアマ戦ではプロの練習を一切禁止して、ゲストを教えることに専念させるべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る