アマと同ティー4Hだけ 男子プロは開幕前からサービス欠如

公開日:  更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 大会前日のプロアマ戦では、ゲストとのコミュニケーションをより深めるため4ホールでプロが同じティーからプレーすることになった。

 これは日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功新会長(73)からの指示。選手会長の宮里優作(35)は「アマと同じティーでもまったく問題ない。それで調子が乱れるようならプロじゃない」と胸を張ったが、はたしてそれが主催者へのサービスといえるのか。

「男子プロはまだ何もわかっちゃいない。4ホールじゃなくて、全ホールでゲストと同じティーから打てばいい」と指摘するのは評論家の菅野徳雄氏だ。

「だいたい男子プロの多くはプロアマ戦に出場するのを面倒だと思っています。どうしてトーナメントが成り立って、賞金を稼ぐことができるのか、根本的なところで自覚が足りません。プロアマ戦は大会にとって重要な行事であり、お世話になっている人たちをもてなす場です。ところが、ゲストとの会話もそっちのけで練習に夢中の選手がまだ多い。プロアマ戦ではプロの練習を一切禁止して、ゲストを教えることに専念させるべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る