アマと同ティー4Hだけ 男子プロは開幕前からサービス欠如

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 大会前日のプロアマ戦では、ゲストとのコミュニケーションをより深めるため4ホールでプロが同じティーからプレーすることになった。

 これは日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功新会長(73)からの指示。選手会長の宮里優作(35)は「アマと同じティーでもまったく問題ない。それで調子が乱れるようならプロじゃない」と胸を張ったが、はたしてそれが主催者へのサービスといえるのか。

「男子プロはまだ何もわかっちゃいない。4ホールじゃなくて、全ホールでゲストと同じティーから打てばいい」と指摘するのは評論家の菅野徳雄氏だ。

「だいたい男子プロの多くはプロアマ戦に出場するのを面倒だと思っています。どうしてトーナメントが成り立って、賞金を稼ぐことができるのか、根本的なところで自覚が足りません。プロアマ戦は大会にとって重要な行事であり、お世話になっている人たちをもてなす場です。ところが、ゲストとの会話もそっちのけで練習に夢中の選手がまだ多い。プロアマ戦ではプロの練習を一切禁止して、ゲストを教えることに専念させるべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る