「参謀は絶対必要」 見えてきた松山マスターズVへの課題

公開日: 更新日:

 最終日を首位に2打差の3位で発進しながら、7位に沈んだ男子ゴルフの松山英樹(24)。今回のマスターズでの敗戦により、松山にはメジャーを戦ううえでの課題がいくつか見つかった。

「インパクトがなく、流し込むように打つパット」(ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏)がその一つだが、4日間の厳しい戦いをサポートしてくれる「参謀」がいないことも大きかった。

 例えば、マスターズ連覇は逃したものの、クレバーなゴルフをするJ・スピース(22)には、12歳から指導を受けるキャメロン・マコーミックというコーチがいる。彼はスイングチェックだけでなく、コース戦略についてもアドバイスする。

 スピースはドライバーの平均飛距離が75位(292・3ヤード)。飛ばし屋ではないが、今年のマスターズでは第1打にスプーン(3W)を多用した。マスターズの舞台となるオーガスタナショナルGCは、「バーディーを取ってごらん」と選手を誘うような、甘く、刺激的なレイアウトになっており、そこにワナが待ち構えている。スピースはコーチの教えにより、飛距離よりもピンの位置から逆算して、フェアウエーのどこからグリーンを狙うのがベストルートなのか、常にプランを立てて打っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る