「参謀は絶対必要」 見えてきた松山マスターズVへの課題

公開日:  更新日:

 最終日を首位に2打差の3位で発進しながら、7位に沈んだ男子ゴルフの松山英樹(24)。今回のマスターズでの敗戦により、松山にはメジャーを戦ううえでの課題がいくつか見つかった。

「インパクトがなく、流し込むように打つパット」(ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏)がその一つだが、4日間の厳しい戦いをサポートしてくれる「参謀」がいないことも大きかった。

 例えば、マスターズ連覇は逃したものの、クレバーなゴルフをするJ・スピース(22)には、12歳から指導を受けるキャメロン・マコーミックというコーチがいる。彼はスイングチェックだけでなく、コース戦略についてもアドバイスする。

 スピースはドライバーの平均飛距離が75位(292・3ヤード)。飛ばし屋ではないが、今年のマスターズでは第1打にスプーン(3W)を多用した。マスターズの舞台となるオーガスタナショナルGCは、「バーディーを取ってごらん」と選手を誘うような、甘く、刺激的なレイアウトになっており、そこにワナが待ち構えている。スピースはコーチの教えにより、飛距離よりもピンの位置から逆算して、フェアウエーのどこからグリーンを狙うのがベストルートなのか、常にプランを立てて打っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る