• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン2勝目も課題山積…正妻と息合わず球場特性に不安

 ドジャース・前田健太(28)が17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦に登板。7回を1本塁打含む4安打1失点で2勝目を挙げた

 過去2試合、計12イニング連続無失点の前田は三回、2番パニックに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ先制を許す。メジャー3戦目、15イニング目(14回3分の2)にして許した被弾で初失点を喫した。

 立ち上がりは、2四球を与えるなど持ち前の制球力を乱したが、四回以降は尻上がりに調子を上げた。四回と七回には走者を出しても併殺で切り抜けてつけ入る隙を与えなかった。

 ここまでは上々の投球を披露している前田だが、不安も尽きない。

 この日、バッテリーを組んだのは、控え捕手のエリス(35)に代わって開幕から故障で出遅れていた正捕手グランダル(27)。序盤は息が合わず、前田が首を振るシーンも見られるなど、コンビネーションに不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る