マエケン2勝目も課題山積…正妻と息合わず球場特性に不安

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦に登板。7回を1本塁打含む4安打1失点で2勝目を挙げた

 過去2試合、計12イニング連続無失点の前田は三回、2番パニックに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ先制を許す。メジャー3戦目、15イニング目(14回3分の2)にして許した被弾で初失点を喫した。

 立ち上がりは、2四球を与えるなど持ち前の制球力を乱したが、四回以降は尻上がりに調子を上げた。四回と七回には走者を出しても併殺で切り抜けてつけ入る隙を与えなかった。

 ここまでは上々の投球を披露している前田だが、不安も尽きない。

 この日、バッテリーを組んだのは、控え捕手のエリス(35)に代わって開幕から故障で出遅れていた正捕手グランダル(27)。序盤は息が合わず、前田が首を振るシーンも見られるなど、コンビネーションに不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る