マエケン2勝目も課題山積…正妻と息合わず球場特性に不安

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦に登板。7回を1本塁打含む4安打1失点で2勝目を挙げた

 過去2試合、計12イニング連続無失点の前田は三回、2番パニックに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ先制を許す。メジャー3戦目、15イニング目(14回3分の2)にして許した被弾で初失点を喫した。

 立ち上がりは、2四球を与えるなど持ち前の制球力を乱したが、四回以降は尻上がりに調子を上げた。四回と七回には走者を出しても併殺で切り抜けてつけ入る隙を与えなかった。

 ここまでは上々の投球を披露している前田だが、不安も尽きない。

 この日、バッテリーを組んだのは、控え捕手のエリス(35)に代わって開幕から故障で出遅れていた正捕手グランダル(27)。序盤は息が合わず、前田が首を振るシーンも見られるなど、コンビネーションに不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る