マエケン2勝目も課題山積…正妻と息合わず球場特性に不安

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦に登板。7回を1本塁打含む4安打1失点で2勝目を挙げた

 過去2試合、計12イニング連続無失点の前田は三回、2番パニックに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ先制を許す。メジャー3戦目、15イニング目(14回3分の2)にして許した被弾で初失点を喫した。

 立ち上がりは、2四球を与えるなど持ち前の制球力を乱したが、四回以降は尻上がりに調子を上げた。四回と七回には走者を出しても併殺で切り抜けてつけ入る隙を与えなかった。

 ここまでは上々の投球を披露している前田だが、不安も尽きない。

 この日、バッテリーを組んだのは、控え捕手のエリス(35)に代わって開幕から故障で出遅れていた正捕手グランダル(27)。序盤は息が合わず、前田が首を振るシーンも見られるなど、コンビネーションに不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る