マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

試打はロフトが一番多い状態で打つ

公開日: 更新日:
イラスト・ゲーリー久永

 ヘッドの大きさ、形状、素材、ロフト角……。

 ドライバーを選ぶポイントはいくつかありますが、方向性(つかまり)に強い影響を及ぼすのがアドレス時のフェース向きです。

 インパクトはアドレスの再現とは限りませんが、アドレス…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る