2勝目も心証害した可能性…マエケンに球審の嫌がらせ不安

公開日: 更新日:

 新人右腕に早くもメジャーの洗礼である。

 17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦で、7回を4安打1失点で2勝目を挙げたドジャース・前田健太(28)。尻上がりに調子を上げたが、初回に2四球と精彩を欠いた。初めてバッテリーを組んだ正捕手グランダルと息が合わなかっただけでなく、球審を務めたアルフォンソ・マーキス審判の判定が厳しかったのも事実。序盤は右打者への外角低めの変化球を、ことごとく「ボール」と判定されたからだ。

 過去2試合で、カウントを稼いでいたカーブを「ストライク」と判定されず、前田はマウンド上で苦笑いするしかなかった。マーキス球審からは何のおとがめもなかったものの、今後はマウンド上でポーカーフェースを装った方が得策だ。

 審判の判定に対して不服そうな表情を見せたり、「なぜだ?」と言わんばかりに両手を広げるジェスチャーをすれば「侮辱行為」と取られて退場を宣告されることもある。仮に退場処分を下されなくても、審判の心証を害せば、あからさまに不利な判定をされるなど、嫌がらせを受けるケースは珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

もっと見る