2勝目も心証害した可能性…マエケンに球審の嫌がらせ不安

公開日:  更新日:

 新人右腕に早くもメジャーの洗礼である。

 17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦で、7回を4安打1失点で2勝目を挙げたドジャース・前田健太(28)。尻上がりに調子を上げたが、初回に2四球と精彩を欠いた。初めてバッテリーを組んだ正捕手グランダルと息が合わなかっただけでなく、球審を務めたアルフォンソ・マーキス審判の判定が厳しかったのも事実。序盤は右打者への外角低めの変化球を、ことごとく「ボール」と判定されたからだ。

 過去2試合で、カウントを稼いでいたカーブを「ストライク」と判定されず、前田はマウンド上で苦笑いするしかなかった。マーキス球審からは何のおとがめもなかったものの、今後はマウンド上でポーカーフェースを装った方が得策だ。

 審判の判定に対して不服そうな表情を見せたり、「なぜだ?」と言わんばかりに両手を広げるジェスチャーをすれば「侮辱行為」と取られて退場を宣告されることもある。仮に退場処分を下されなくても、審判の心証を害せば、あからさまに不利な判定をされるなど、嫌がらせを受けるケースは珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る