• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2勝目も心証害した可能性…マエケンに球審の嫌がらせ不安

 新人右腕に早くもメジャーの洗礼である。

 17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦で、7回を4安打1失点で2勝目を挙げたドジャース・前田健太(28)。尻上がりに調子を上げたが、初回に2四球と精彩を欠いた。初めてバッテリーを組んだ正捕手グランダルと息が合わなかっただけでなく、球審を務めたアルフォンソ・マーキス審判の判定が厳しかったのも事実。序盤は右打者への外角低めの変化球を、ことごとく「ボール」と判定されたからだ。

 過去2試合で、カウントを稼いでいたカーブを「ストライク」と判定されず、前田はマウンド上で苦笑いするしかなかった。マーキス球審からは何のおとがめもなかったものの、今後はマウンド上でポーカーフェースを装った方が得策だ。

 審判の判定に対して不服そうな表情を見せたり、「なぜだ?」と言わんばかりに両手を広げるジェスチャーをすれば「侮辱行為」と取られて退場を宣告されることもある。仮に退場処分を下されなくても、審判の心証を害せば、あからさまに不利な判定をされるなど、嫌がらせを受けるケースは珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る