ご法度コース批判の“醜態” 池田勇太は逆転Vでも株下げる

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン】

 男子ツアーに人気がないのがよくわかる。国内2戦目の会場は都心から電車で1時間足らずの名門コースだが、最終日入場者はたった2848人と、レジャー客で混雑する東伊豆で行われた女子大会(3441人)よりも少なかった。

 しかも、地元千葉県出身の池田勇太(30)が3日目に66をマーク。首位と2打差3位に急浮上し、優勝争いに加わったにもかかわらず、ファンの関心を集めなかったのだ。

 その池田は前半で6バーディー(ノーボギー)を奪って逃げ切り態勢に持ち込み、通算13アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で今季初優勝(ツアー14勝目)を挙げた。

 会見では、「30歳になって初優勝。幸先がいいんじゃないかな。今年はクラブもウエアも変わった。(みなさんを)楽しませますよ。約束しますよ」とご機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る