男子プロの抵抗必至 JGTO「難コース増」方針に早くも暗雲

公開日: 更新日:

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は今月4日に社員総会、理事会を開き、青木功(73)を新会長に選び、新体制がスタートした。

 その会見の席上で、元ダンロップスポーツエンタープライズ社長として男子ツアーを立ち上げ、JGTO副会長に就任した大西久光(79)が、「米ツアーには今、日本人選手が3人いるが、10人くらい行けるようでないと、本当の意味での活性化にはならない。少しでもコース設定を難しくしていくことが緊急の課題。海外で、日本人選手は戦う前からコースに負けている」との指針を示した。

 ところが「コース設定を難しくする」という大西副会長の方針がうまくいくか、疑問視する声は大きい。選手会の「考え」とは大きく異なるからだ。

 例えば、かつて日本オープンはタフな設定で知られ、優勝スコアはイーブンパー前後の熾烈な戦いだった。ところが一昨年あたりから設定が変わり、池田勇太(30)が通算10アンダー、昨年は小平智(26)が同13アンダーと、バーディー量産で優勝。「難しい」どころか「やさしい」トレンドになっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  8. 8

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る