• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好投に絶賛も…ドジャースはなぜ前田に100球投げさせない

 デビューから4試合に先発、20回以上投げて1失点以下のメジャー記録を達成したドジャースの前田健太(28)。

 いまや先発2番手の評価で、米メディアはロバーツ監督や女房役のエリス捕手のコメントを並べて絶賛しているものの、好投の裏側で気になる点がある。

 これまで4試合の投球数は84、95、98、94。メジャーの先発の平均的な球数といわれる100球を一度も投げていないのだ。

 シーズンは始まったばかり。ましてドジャースは昨年まで地区3連覇中で、ワールドシリーズ優勝を目指す強豪だ。勝負どころはシーズン終盤とはいえ、エースのカーショウ(28)のここ2試合の球数は107球と116球だし、先発4番手左腕のウッド(25)は2戦目に105球を投げている。

 入団前の健康診断で肩肘に異常が見つかった前田はやはり、不安を抱えているから球数をセーブしてもらっているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る