好投に絶賛も…ドジャースはなぜ前田に100球投げさせない

公開日: 更新日:

 デビューから4試合に先発、20回以上投げて1失点以下のメジャー記録を達成したドジャースの前田健太(28)。

 いまや先発2番手の評価で、米メディアはロバーツ監督や女房役のエリス捕手のコメントを並べて絶賛しているものの、好投の裏側で気になる点がある。

 これまで4試合の投球数は84、95、98、94。メジャーの先発の平均的な球数といわれる100球を一度も投げていないのだ。

 シーズンは始まったばかり。ましてドジャースは昨年まで地区3連覇中で、ワールドシリーズ優勝を目指す強豪だ。勝負どころはシーズン終盤とはいえ、エースのカーショウ(28)のここ2試合の球数は107球と116球だし、先発4番手左腕のウッド(25)は2戦目に105球を投げている。

 入団前の健康診断で肩肘に異常が見つかった前田はやはり、不安を抱えているから球数をセーブしてもらっているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る