高額出来高マエケン好調 経営シビアな球団の横ヤリあるか

公開日:  更新日:

 投げれば投げるほど、札束が積まれていく。

 開幕から3試合で2勝0敗と好投を続けるドジャースの前田健太(28)。17日(日本時間18日)の試合で初失点するも、防御率0・47で米メディアの度肝を抜いている。

 そんな前田の異例の契約内容が、米国で「マエダ・インセンティブ」と呼ばれている高額の出来高だ。基本給は8年総額約26億円なので、1年に換算すれば約3億2500万円。15年度のメジャー平均年俸約4億3300万円より安い。

 一方、出来高は条件をすべてクリアすれば、1年最大約14億2600万円。その多くを占めているのが先発回数と登板イニング数だ。

 年間15試合に先発すれば約1億900万円、20試合ならさらに同額が上積みされて約2億1800万円。それ以降は5試合ごとに約1億6400万円ずつ加算され、25試合なら計3億8200万円、30試合なら約5億4600万円、32試合なら約7億1000万円がフトコロに入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る