高額出来高マエケン好調 経営シビアな球団の横ヤリあるか

公開日:  更新日:

 投げれば投げるほど、札束が積まれていく。

 開幕から3試合で2勝0敗と好投を続けるドジャースの前田健太(28)。17日(日本時間18日)の試合で初失点するも、防御率0・47で米メディアの度肝を抜いている。

 そんな前田の異例の契約内容が、米国で「マエダ・インセンティブ」と呼ばれている高額の出来高だ。基本給は8年総額約26億円なので、1年に換算すれば約3億2500万円。15年度のメジャー平均年俸約4億3300万円より安い。

 一方、出来高は条件をすべてクリアすれば、1年最大約14億2600万円。その多くを占めているのが先発回数と登板イニング数だ。

 年間15試合に先発すれば約1億900万円、20試合ならさらに同額が上積みされて約2億1800万円。それ以降は5試合ごとに約1億6400万円ずつ加算され、25試合なら計3億8200万円、30試合なら約5億4600万円、32試合なら約7億1000万円がフトコロに入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る