高額出来高マエケン好調 経営シビアな球団の横ヤリあるか

公開日: 更新日:

 投げれば投げるほど、札束が積まれていく。

 開幕から3試合で2勝0敗と好投を続けるドジャースの前田健太(28)。17日(日本時間18日)の試合で初失点するも、防御率0・47で米メディアの度肝を抜いている。

 そんな前田の異例の契約内容が、米国で「マエダ・インセンティブ」と呼ばれている高額の出来高だ。基本給は8年総額約26億円なので、1年に換算すれば約3億2500万円。15年度のメジャー平均年俸約4億3300万円より安い。

 一方、出来高は条件をすべてクリアすれば、1年最大約14億2600万円。その多くを占めているのが先発回数と登板イニング数だ。

 年間15試合に先発すれば約1億900万円、20試合ならさらに同額が上積みされて約2億1800万円。それ以降は5試合ごとに約1億6400万円ずつ加算され、25試合なら計3億8200万円、30試合なら約5億4600万円、32試合なら約7億1000万円がフトコロに入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る