• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高額出来高マエケン好調 経営シビアな球団の横ヤリあるか

 投げれば投げるほど、札束が積まれていく。

 開幕から3試合で2勝0敗と好投を続けるドジャースの前田健太(28)。17日(日本時間18日)の試合で初失点するも、防御率0・47で米メディアの度肝を抜いている。

 そんな前田の異例の契約内容が、米国で「マエダ・インセンティブ」と呼ばれている高額の出来高だ。基本給は8年総額約26億円なので、1年に換算すれば約3億2500万円。15年度のメジャー平均年俸約4億3300万円より安い。

 一方、出来高は条件をすべてクリアすれば、1年最大約14億2600万円。その多くを占めているのが先発回数と登板イニング数だ。

 年間15試合に先発すれば約1億900万円、20試合ならさらに同額が上積みされて約2億1800万円。それ以降は5試合ごとに約1億6400万円ずつ加算され、25試合なら計3億8200万円、30試合なら約5億4600万円、32試合なら約7億1000万円がフトコロに入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    加計理事長の会見を認めない 雲隠れしていて結局それかい

  10. 10

    コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

もっと見る