• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連続好投で防御率0点台 G菅野は20勝で年俸3億円に現実味

 巨人のエース菅野智之(26)の「一人旅」が始まった。雨中の登板となった28日の阪神戦でも圧巻の投球。抑えの沢村が九回に同点に追いつかれたため、4勝目は消えてしまったが、8回を12奪三振1失点の好投だった。防御率は両リーグトップの0.56である。

 3年目の昨季の悔しさをバネにしている。防御率1.91は「納得できる数字」(本人)も、エース級との投げ合いが多く、打線の援護が乏しかったこともあって10勝11敗と負け越した。チームもV逸。伯父の原監督はチームを去った。「凄く考えさせられるシーズンだった」と年俸は2000万円増の1億3000万円でサインするしかなかった。

「防御率は1点台でリーグ2位なのに、自身の勝敗は借金1という複雑な成績。原前監督らに『エースなら貯金を稼げ』とよってたかって言われ、年俸も思ったほど上がらなかった。忸怩たる思いがある中で今季を迎えている。そんなこともあるから、もし20勝でもしたら、バーンと上げないといけない。年俸4億円の複数年契約が切れる内海、3億2600万円の阿部のチームトップ2は、いずれも開幕から二軍生活。彼らのダウン分を菅野が独り占めということになるんじゃないか」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る