マドリードOP8強入り 錦織圭“天敵”ガスケ撃破の収穫

公開日: 更新日:

「きょうはサーブ、リターン、フォアのすべてが良かった。相手の好きなスタイルにならないようにリズムを変えた。自分が強くなっているのを感じた」

 世界ランク6位の錦織圭(26)が、同12位のガスケ(29=フランス)を6-4、7-5のストレートで下してこう言った。

 5日に行われたマドリード・オープン男子シングルス3回戦。相手のガスケには過去6戦全敗、1セットしか取ったことがない。片手バックハンドからのスピンの利いたクロスに手を焼き、ラリーの末にミスを重ねるパターンが続いていた。

 が、この日の錦織は積極的だった。フォアに回り込んでストレートに返すなど、左右に揺さぶって相手のテニスをさせなかった。これで現在のトップ20で勝ち星を挙げていない選手はゼロに。苦手意識のある選手がいなくなったうえ、自身の成長を実感できたのは大きい。マスターズ初制覇へ向け収穫の多い4年連続8強入りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る