赤土王者ナダルに錦織惜敗も 「全仏につながる」と専門家

公開日: 更新日:

 男子テニスのバルセロナ・オープンは24日、シングルス決勝が行われ、世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26)は、同5位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に4-6、5-7で敗れ、3連覇を逃した。

 錦織は「赤土の王者」の異名を持ち、クレーコートを得意とする相手に積極的に攻めたが、逆に数少ないチャンスを生かされ、ストレート負けを喫した。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「いい試合で錦織は序盤から攻めたが、これぞナダルという堅守と粘りに屈した。とはいえ、昨年までこの大会で2連覇して、今年は準優勝です。14年はバルセロナに勝って、続くマドリード・マスターズも、当時第10シードで決勝に進み、第1シードのナダルから第1セットを取りながら腰の負傷で途中で棄権。準優勝でした。赤土コートのクレーの試合は、ハードコートより球足が遅くなりラリーが続く。技術はもちろんですが、豊富なスタミナが求められる。テニス界では、欧米選手より体が小さい日本人がクレーで勝てるとは誰も思っていなかった。178センチ・75キロの錦織がバルセロナ・オープンに勝つということは、欧米の柔道家が、“聖地”の講道館で行われる大会に出てきて、日本選手から一本とって優勝するようなものです。クレーの本場・スペインではそれぐらい衝撃的なことなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る