• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤土王者ナダルに錦織惜敗も 「全仏につながる」と専門家

 男子テニスのバルセロナ・オープンは24日、シングルス決勝が行われ、世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26)は、同5位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に4-6、5-7で敗れ、3連覇を逃した。

 錦織は「赤土の王者」の異名を持ち、クレーコートを得意とする相手に積極的に攻めたが、逆に数少ないチャンスを生かされ、ストレート負けを喫した。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「いい試合で錦織は序盤から攻めたが、これぞナダルという堅守と粘りに屈した。とはいえ、昨年までこの大会で2連覇して、今年は準優勝です。14年はバルセロナに勝って、続くマドリード・マスターズも、当時第10シードで決勝に進み、第1シードのナダルから第1セットを取りながら腰の負傷で途中で棄権。準優勝でした。赤土コートのクレーの試合は、ハードコートより球足が遅くなりラリーが続く。技術はもちろんですが、豊富なスタミナが求められる。テニス界では、欧米選手より体が小さい日本人がクレーで勝てるとは誰も思っていなかった。178センチ・75キロの錦織がバルセロナ・オープンに勝つということは、欧米の柔道家が、“聖地”の講道館で行われる大会に出てきて、日本選手から一本とって優勝するようなものです。クレーの本場・スペインではそれぐらい衝撃的なことなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る