赤土王者ナダルに錦織惜敗も 「全仏につながる」と専門家

公開日: 更新日:

 男子テニスのバルセロナ・オープンは24日、シングルス決勝が行われ、世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26)は、同5位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に4-6、5-7で敗れ、3連覇を逃した。

 錦織は「赤土の王者」の異名を持ち、クレーコートを得意とする相手に積極的に攻めたが、逆に数少ないチャンスを生かされ、ストレート負けを喫した。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「いい試合で錦織は序盤から攻めたが、これぞナダルという堅守と粘りに屈した。とはいえ、昨年までこの大会で2連覇して、今年は準優勝です。14年はバルセロナに勝って、続くマドリード・マスターズも、当時第10シードで決勝に進み、第1シードのナダルから第1セットを取りながら腰の負傷で途中で棄権。準優勝でした。赤土コートのクレーの試合は、ハードコートより球足が遅くなりラリーが続く。技術はもちろんですが、豊富なスタミナが求められる。テニス界では、欧米選手より体が小さい日本人がクレーで勝てるとは誰も思っていなかった。178センチ・75キロの錦織がバルセロナ・オープンに勝つということは、欧米の柔道家が、“聖地”の講道館で行われる大会に出てきて、日本選手から一本とって優勝するようなものです。クレーの本場・スペインではそれぐらい衝撃的なことなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る