赤土でも異次元テニス 錦織は独創プレーでペアSF迎え撃つ

公開日: 更新日:

 5月(22日開幕)に実施される全仏オープンの前哨戦といわれるバルセロナ・オープンの男子シングルス準々決勝で、3連覇を狙う第2シードの錦織(26=世界ランク6位)は、第11シード(同30位)のアレクサンドル・ドルゴポロフ(27=ウクライナ)と対戦。ダブルスでペアを組むドルゴポロフは、昨年のブリスベン国際でも一緒にプレーして準優勝している仲が良い選手だ。

 互いに手の内を知り尽くしてやりづらい相手だからなのか、錦織は試合前のコイントスでは目の前のドルゴポロフから視線をそらしていたが、過去4勝0敗の格下を7-5、6-0で退けた。第1シード(同5位)のラファエル・ナダル(29=スペイン)も準決勝進出を決めた。

 今大会を連覇している錦織はここ2年、クレー(赤土)コートの勝率がいい。14年10勝2敗、15年14勝3敗という数字だ。テニスジャーナリストの塚越亘氏はこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る