• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

円熟26歳の錦織圭にチャンの「努力の哲学」は必要なのか

 錦織圭の今季ツアー第7戦、バルセロナオープンが18日に開幕する。ヨーロッパのクレーシーズンに移っての初戦は全仏オープンにつながる大事な位置づけ。2連覇中の大会に期待は膨らむ。

■30分も続く“反省会”

 テニスファンは、先のマイアミオープンのプレーを堪能しただろう。右に左に打ち分ける〈天才錦織〉の自由奔放なワザで決勝に進出した。14年に全米オープンで準優勝しながら、まだグランドスラムの下の格付けのマスターズ(年間9大会)での優勝もない。「まずマスターズ優勝」と掲げた目標達成かと思われたが、世界1位のノバク・ジョコビッチの前にまたも完敗だった。

 それでも、ガエル・モンフィス、ニック・キリオスらとのラリー戦に打ち勝ち、ジョコビッチ戦でも第1セットにサービスブレークを2度。久々に心技体が合致した、のびのびしたプレーの背景で囁かれるのがコーチ、マイケル・チャンの不在だ。コーチ契約はフルタイムではなく、4大大会など年間20週、マイアミは不在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る