桃田に代わりリオ五輪へ バド佐々木翔が語った苦悩の日々

公開日: 更新日:

「(闇カジノ賭博で代表を外された)桃田(賢斗=21)や、その家族、関係者の気持ちを考えると素直には喜べなかった」

 9日、バドミントンのリオ五輪代表が発表され、2大会連続で出場を決めた男子シングルスの佐々木翔(33=トナミ運輸)が、複雑な心境を吐露した。

 佐々木は3月の時点で世界ランク19位。桃田は同2位に付けていたため、1枠しかない五輪代表は絶望的だった。一度は引退を決意し、6月には所属先と進退について話し合う予定だったが、桃田に無期限の競技会出場停止処分が下ったことで状況は一変。世界ランクで日本勢1位に繰り上がり、代表入りの可能性が浮上したのだ。

 桃田の処分が決まったのは4月10日。佐々木は桃田が世界ランキングから抹消される同28日までの約3週間、不安な日々を過ごしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る