桃田に代わりリオ五輪へ バド佐々木翔が語った苦悩の日々

公開日:  更新日:

「(闇カジノ賭博で代表を外された)桃田(賢斗=21)や、その家族、関係者の気持ちを考えると素直には喜べなかった」

 9日、バドミントンのリオ五輪代表が発表され、2大会連続で出場を決めた男子シングルスの佐々木翔(33=トナミ運輸)が、複雑な心境を吐露した。

 佐々木は3月の時点で世界ランク19位。桃田は同2位に付けていたため、1枠しかない五輪代表は絶望的だった。一度は引退を決意し、6月には所属先と進退について話し合う予定だったが、桃田に無期限の競技会出場停止処分が下ったことで状況は一変。世界ランクで日本勢1位に繰り上がり、代表入りの可能性が浮上したのだ。

 桃田の処分が決まったのは4月10日。佐々木は桃田が世界ランキングから抹消される同28日までの約3週間、不安な日々を過ごしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る