桃田に代わりリオ五輪へ バド佐々木翔が語った苦悩の日々

公開日:  更新日:

「(闇カジノ賭博で代表を外された)桃田(賢斗=21)や、その家族、関係者の気持ちを考えると素直には喜べなかった」

 9日、バドミントンのリオ五輪代表が発表され、2大会連続で出場を決めた男子シングルスの佐々木翔(33=トナミ運輸)が、複雑な心境を吐露した。

 佐々木は3月の時点で世界ランク19位。桃田は同2位に付けていたため、1枠しかない五輪代表は絶望的だった。一度は引退を決意し、6月には所属先と進退について話し合う予定だったが、桃田に無期限の競技会出場停止処分が下ったことで状況は一変。世界ランクで日本勢1位に繰り上がり、代表入りの可能性が浮上したのだ。

 桃田の処分が決まったのは4月10日。佐々木は桃田が世界ランキングから抹消される同28日までの約3週間、不安な日々を過ごしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る