“負けず嫌い”が災い アスリートにギャンブル依存多い理由

公開日: 更新日:

「やめようと思ってもやめられなかった……」

 ギャンブルにはまった多くの者はこう口を揃えるが、裏カジノだけでなく、違法スロット店での賭博行為もバレたバドミントン選手の桃田賢斗(21)もそうだ。

「いけないことだとは分かっていたけど、入ってはいけないところに入る好奇心だったり、少し楽しんでいる自分もいた」

「勝負の世界で生きているので、ギャンブルの世界に興味があった。やめることができなかった」と語っていた。

 巨人選手が野球賭博に関与して無期限失格処分になってから半年も経たないうちに、今度はリオ五輪の金メダル候補が裏社会での遊びで、長期間公式競技から離れることになった。多くのファンや応援してくれる関係者を裏切ったわけだが、後悔してももう遅い。

 2010年に発覚した大相撲の野球賭博も、数十名に及ぶ力士や年寄などが関与。大関琴光喜と大嶽親方は解雇され、11年春場所が中止に追い込まれ大きな問題となったことは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る