“負けず嫌い”が災い アスリートにギャンブル依存多い理由

公開日: 更新日:

「やめようと思ってもやめられなかった……」

 ギャンブルにはまった多くの者はこう口を揃えるが、裏カジノだけでなく、違法スロット店での賭博行為もバレたバドミントン選手の桃田賢斗(21)もそうだ。

「いけないことだとは分かっていたけど、入ってはいけないところに入る好奇心だったり、少し楽しんでいる自分もいた」

「勝負の世界で生きているので、ギャンブルの世界に興味があった。やめることができなかった」と語っていた。

 巨人選手が野球賭博に関与して無期限失格処分になってから半年も経たないうちに、今度はリオ五輪の金メダル候補が裏社会での遊びで、長期間公式競技から離れることになった。多くのファンや応援してくれる関係者を裏切ったわけだが、後悔してももう遅い。

 2010年に発覚した大相撲の野球賭博も、数十名に及ぶ力士や年寄などが関与。大関琴光喜と大嶽親方は解雇され、11年春場所が中止に追い込まれ大きな問題となったことは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る