“負けず嫌い”が災い アスリートにギャンブル依存多い理由

公開日:  更新日:

「やめようと思ってもやめられなかった……」

 ギャンブルにはまった多くの者はこう口を揃えるが、裏カジノだけでなく、違法スロット店での賭博行為もバレたバドミントン選手の桃田賢斗(21)もそうだ。

「いけないことだとは分かっていたけど、入ってはいけないところに入る好奇心だったり、少し楽しんでいる自分もいた」

「勝負の世界で生きているので、ギャンブルの世界に興味があった。やめることができなかった」と語っていた。

 巨人選手が野球賭博に関与して無期限失格処分になってから半年も経たないうちに、今度はリオ五輪の金メダル候補が裏社会での遊びで、長期間公式競技から離れることになった。多くのファンや応援してくれる関係者を裏切ったわけだが、後悔してももう遅い。

 2010年に発覚した大相撲の野球賭博も、数十名に及ぶ力士や年寄などが関与。大関琴光喜と大嶽親方は解雇され、11年春場所が中止に追い込まれ大きな問題となったことは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る