男子競歩にメダル期待 バド桃田消え計算狂ったJOC皮算用

公開日: 更新日:

「とにかく自分のレースをしようと思った。うれしいの一言です」

 レース後、こう言って笑顔を見せたのは、リオ五輪代表の最終選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩で2位に入った荒井広宙(27)。

 昨年の世界陸上50キロでは、銅メダルを獲得した谷井孝行(33)に次ぐ4位。五輪代表内定を逃したが、今回の2位は派遣設定記録(3時間45分2秒)をクリアしているため代表入りは確実。谷井と全日本50キロで優勝した森岡紘一朗(31)の3人が、日の丸を背負う。20キロ競歩は高橋英輝(23)と松永大介(20)が代表に内定。18日に正式発表される。

 日本ではマイナー競技の競歩だが、近年のレベルアップは著しい。昨年3月には全日本20キロで鈴木雄介(23=故障のためリオ五輪代表逃す)が1時間16分36秒の世界新記録で優勝。昨年の世界陸上では谷井と荒井が3、4位に入り、五輪でもメダルを狙える位置にいるだけに、「陸連の期待はこれまで以上に大きい」と、あるアマチュア競技の関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る