男子競歩にメダル期待 バド桃田消え計算狂ったJOC皮算用

公開日:  更新日:

「とにかく自分のレースをしようと思った。うれしいの一言です」

 レース後、こう言って笑顔を見せたのは、リオ五輪代表の最終選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩で2位に入った荒井広宙(27)。

 昨年の世界陸上50キロでは、銅メダルを獲得した谷井孝行(33)に次ぐ4位。五輪代表内定を逃したが、今回の2位は派遣設定記録(3時間45分2秒)をクリアしているため代表入りは確実。谷井と全日本50キロで優勝した森岡紘一朗(31)の3人が、日の丸を背負う。20キロ競歩は高橋英輝(23)と松永大介(20)が代表に内定。18日に正式発表される。

 日本ではマイナー競技の競歩だが、近年のレベルアップは著しい。昨年3月には全日本20キロで鈴木雄介(23=故障のためリオ五輪代表逃す)が1時間16分36秒の世界新記録で優勝。昨年の世界陸上では谷井と荒井が3、4位に入り、五輪でもメダルを狙える位置にいるだけに、「陸連の期待はこれまで以上に大きい」と、あるアマチュア競技の関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る