男子競歩にメダル期待 バド桃田消え計算狂ったJOC皮算用

公開日:  更新日:

「とにかく自分のレースをしようと思った。うれしいの一言です」

 レース後、こう言って笑顔を見せたのは、リオ五輪代表の最終選考会を兼ねた日本選手権50キロ競歩で2位に入った荒井広宙(27)。

 昨年の世界陸上50キロでは、銅メダルを獲得した谷井孝行(33)に次ぐ4位。五輪代表内定を逃したが、今回の2位は派遣設定記録(3時間45分2秒)をクリアしているため代表入りは確実。谷井と全日本50キロで優勝した森岡紘一朗(31)の3人が、日の丸を背負う。20キロ競歩は高橋英輝(23)と松永大介(20)が代表に内定。18日に正式発表される。

 日本ではマイナー競技の競歩だが、近年のレベルアップは著しい。昨年3月には全日本20キロで鈴木雄介(23=故障のためリオ五輪代表逃す)が1時間16分36秒の世界新記録で優勝。昨年の世界陸上では谷井と荒井が3、4位に入り、五輪でもメダルを狙える位置にいるだけに、「陸連の期待はこれまで以上に大きい」と、あるアマチュア競技の関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る